ラップトップ誌の「ベスト&最悪のラップトップブランド2018」でAppleは7位に落ちる

ラップトップ誌の「ベスト&最悪のラップトップブランド2018」でAppleは7位に落ちる

さらに下落

昨年の「ベスト&最悪のラップトップブランド」では、前年の1位から5位に落ちました、今年はさらに落ち10ブランドのうちの7位まで落ち込んでしまいました
Laptop Brand2018 001

スポンサーリンク

なぜ、貧弱なスコアを出したのか?

Appleは、マイナースペックの変更だけで過去1年間、既存のデザインを打ち出したまま、十分に革新していません
Laptop Brand2018 002
MacBookやMacBook Proに搭載されているポートが不足しているため、周辺機器のプラグインをしたい場合は、オーナーがドングルが必要になります
さらに、これらのシステム上の平らなバタフライキーボードは、Windowsと比較しても快適性が劣ります

Appleが3年前の古典的な15インチMacBook Proを守ってきた理由があります

その1,999ドルのマシンには、キーボードが詰まっていて、フルサイズのUSBポートとSDカードスロットがたくさんあるだけでなく、同社が放棄した賢いMagSafe電源アダプタもあります

Appleは今年6月にAirとほぼ同じ価格でRetinaディスプレイを搭載した13インチMacBookを発売すると噂されているため、すぐに希望があるかもしれません

しかし、それはより多くの同じまたは真の飛躍になるでしょうか?

画像元:Laptop
(Via tom’s guide.)


事実、私も現在のMacBook Pro 15inchが2013 Lateなので買い替えたいと思っていますが、現状のMacBook Pro 15inchには不満があり、待っている状況です

私の一番の不満はRAMが16GBに制約されていると言うことで、32GBを積めるようになれば買替を検討しようと思っています

では、では・・・











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)