【Mac】フィッシング詐欺から自分自身を守る方法と、フックされた場合の回復方法

【Mac】フィッシング詐欺から自分自身を守る方法と、フックされた場合の回復方法

Appleもサポート文書「iTunes Store からの正規のメールを識別する」を先日に更新してフィッシングメールに関して注意を促していることを報告しました

個人情報や銀行情報を騙したり、マルウェアをインストールするように騙されたりするように設計された電子メールメッセージは、より洗練されたものになりつつあります

フィッシング詐欺は電子メールメッセージ、ウェブサイト、およびテキストメッセージに潜んでいる可能性があります
詐欺師は、個人情報、アカウントのログイン情報、クレジットカード番号を渡すために、合法的かつ本格的に見えるようにします

フィッシングスキームとマルウェアから自分自身を守る方法

自分自身を保護するための最善の策は、事前に計画し、警戒を維持することです

常にバックアップ計画を立てる

すべての重要なデータを適切にバックアップしてください。
AppleのTime MachineはMacには便利ですが、SuperDuperCarbon Copy Cloner、ProsoftのData Backupなどの専用バックアップアプリで補完することを検討してください

固有のパスワードを使用する

すべてのログインに一意のパスワードを使用しない
そうすれば、誰かが1つのアカウントのパスワードを取得しても、すべてのアカウントにアクセスすることはできません

パスワードマネージャを使用する

1PasswordDashlane パスワードマネージャーLastPass Password Managerのようなパスワードマネージャーアプリを使用します、これによりすべてのログインに必要なパスワードの長いリストを覚えておく必要がなくなります

二要素認証の使用

二要素認証をサポートするすべてのサイトとサービスに対して二要素認証を有効にします
ハッカーやフィッシング詐欺師がパスワードを取得した場合でも、アカウントにログインするために必要な情報の半分しかありません

電子メールメッセージの不具合を探す

アカウント情報を更新するか、他の個人データを放棄するかを尋ねる電子メールを注意深く見て、注意します
スペルや文法の誤りは、何かが間違っているという良い指標です、AppleにはApple IDフィッシング詐欺メールを認識するためのヒントもあります

信頼しないサイトから遠ざかる

信用できないウェブサイトは避けます、悪意を持って作成されたウェブサイトは、ログイン情報を盗み出すか、不正なソフトウェアをインストールするよう騙される可能性があります

怪しい電子メールでリンクをクリックしない

電子メールでアカウント情報を要求するリンクがある場合はクリックしないようにします、代わりにブラウザを開いてウェブサイトのURLを自分で入力します

スポンサーリンク

フィッシング詐欺に騙された場合の対処方法

個人情報を放棄したり、Macにマルウェアの可能性があるものをインストールしたりすることに気がついた場合

パスワードを変更します

アカウントのログインが危険にさらされていると思われる場合は、パスワードを変更します、二要素認証が有効になっていても実行します

Macでマルウェアをスキャンする

Macにマルウェアをインストールすることに騙されたとすると、安全上の予防措置です
BitdefenderAviraのようなユーティリティを使用してMacをスキャンし、マルウェアを見つけて削除することができます、ハッカーがコンピュータからデータを盗んだり、ファイルをロックしたり、キーストロークを記録したりするのを防ぐことができます

潜在的に侵害されたクレジットカードを報告する

フィッシング詐欺でクレジットカード番号が盗まれたと思われる場合は、すぐに銀行に電話し、知らせます
新しいカードを発行することの不便さに対処しなければならないでしょうが、それはカードの料金を払うよりも優れています

画像元:flickr foe alex skopje
(Via the Mac Observer.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)