KGI、2018年iPhoneは6.1インチLCDとiPhone X/X Plusは4GBのRAM

KGI、2018年iPhoneは6.1インチLCDとiPhone X/X Plusは4GBのRAM

2018年のiPhone

KGI証券のアナリスト Ming-Chi Kuo氏のアジアのサプライチェーンの情報からのまとめで、2018年のiPhoneは

  • 6.1インチLCD iPhone
  • 次世代iPhone XとiPhone X Plus

の3種類になるとレポートで報告しています

6.1インチLCD iPhone

  • 台湾メーカーのPegatron、Foxconn、Wistronは、6.1インチiPhoneの主要組立企業となり、それぞれ 60%、30%、10%のEMS配分となる
  • 4面すべてに超薄型の0.5mmベゼルしか必要としない、Japan Displayの6.1%インチのフルアクティブLCDを採用
  • TrueDepthセンサー用のホームボタンとノッチなしのほぼフルスクリーンデザイン
  • Face IDとAnimojiの3Dセンシング
  • 現在のiPhone Xより8.5%大きい2,850-2,950 mAhの長方形の1セルバッテリー、製造の進歩に伴い、より小規模なロジックボード
  • 低価格ポイント:米国で700ドルから800ドルの間で開始

低価格iPhoneとなるために

スポンサーリンク

次世代iPhone XとiPhone X Plus

  • 第2世代となるiPhone XとiPhone X Plusと呼ばれる6.5インチのより大きなバージョンは
  • 4GBのRAMを搭載
  • iPhone X Plusは現在のiPhone Xの最大25%増となる3,300-3,400 mAhのバッテリを搭載

同氏は、次のように記しています

予想よりも低いiPhone Xの販売は、主にデバイスの高価格によるもので、6.1インチLCDモデルのiPhoneは顧客に魅力的なものになる

画像元:MacRumors
(Via MacRumors.)











スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)