Microsoft Office for Macはリアルタイムコラボレーション編集やその他の新機能でアップデート

Microsoft Office for Macはリアルタイムコラボレーション編集やその他の新機能でアップデート

Office 2016 for Mac 16

Microsoftは本日、Office 2016 for Macのメジャーアップデートを発表しました、このアップデートにより、このアプリケーションはバージョン16に移行し、Microsoftのアプリケーションスイートの新機能が追加されています
Office for Mac 16 001
Word、Excel、およびPowerPointでは、Microsoftはリアルタイムの共同編集を導入して、複数の人が同じ文書で同時に作業できるようにしています。WordとPowerPointでは、フラグアイコンを使用して、他の人が何をしているのか、何が変更されているのかを知ることができます

クラウドに保存されているドキュメント、ワークシート、プレゼンテーションの変更は自動的に保存され、更新は数秒で同期されます。バージョン履歴を使用すると、必要に応じて以前のバージョンのドキュメントにロールバックすることができます

サイトやグループへのクイックアクセスも含まれており、プレゼンテーション、ドキュメント、およびワークシートは、頻繁に使用されるサイトやグループの「開く」メニューに保存されています

スポンサーリンク


コラボレーション編集に加えて、Excelでは、新しいグラフタイプ、追加機能、ピボットテーブルのサポートの強化、値の変更時の高速なフォーミュラ更新のためのマルチスレッド計算が追加されています

PowerPointにはクイックスターター機能が備わっており、提案されたトーク・ポイントとデザインで完全な輪郭を作成することができます。新しいトリム・メディア・ツールでは、オーディオやビデオクリップを素早く編集できます。このマウスは、スライドの内容を強調表示するためのスライドショーのレーザーポインターとしても使用できます

Office for Macの新機能に関する詳細は、MicrosoftのOffice 2016 for Macサポートサイトで公開されているリリースノートに記載されています

(Via MacRumors.)


日本の「Office 2016 for Mac の更新履歴」サイトは最新情報がバージョン15.41.0で、現在のところ未だ更新されていません


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)