2018年にMacBook Proの大幅なアップグレードはおこなわれない

2018年にMacBook Proの大幅なアップグレードはおこなわれない

MacBook Pro

Digitimesは本日、Apple がコストを削減し、リスクを軽減するために、QuantaからFoxconnへの MacBook Pro の注文を再割り当てしていることを報告し、Appleは今年、MacBook Proの主要なハードウェアアップデートの開発を予定していないため、今年生産を移管する意向がある

つまり、Foxconnが歩留まりや品質管理の問題に遭遇しても、2017 MacBook Proの供給は引き続き強力なままとなります、 Appleは2016年にMacBook Proの最新のデザインを発表しました

Digitimesはこれまで、FoxconnがMacBook Proの注文の約20%を占めており、Quantaは残りの80%を占めているという

スポンサーリンク


Appleは、2016年末に新しいMacBook Proデバイスがリリースされて以来、MacBook製品ラインを大幅にアップグレードしておらず、2018年に予定されていないため、米国のベンダーは、コスト削減とリスク削減のため、すでにFoxconnで量産中です

Appleは、サプライヤが注文の競合のため、サプライサイドのリスクを軽減し、価格を引き下げるために、複数の製造業者と組立業者を持つことが好きです

Appleが数世代にわたって同じシャーシデザインを保持することは珍しくはなく、2016年のデザインはまだ比較的新しいものです
「メジャーアップデートなし」とは、Appleが新しいCPUと共に32 GBのRAMオプションを追加するなど、より良い仕様で内部をアップデートできることを意味しています

(Via 9to5Mac , Digitimes)


MacBook Proが32MBのRAMを待っている方は多いのではないでしょうか?


では、では・・・












COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By 通りすがり

    「MacBook Proが32MBのRAMを待っている方は多いのではないでしょうか?」は「32GB」のミスかと・・・

    • By 酔いどれ

      通りすがり さん、ご指摘ありがとうございます

      早々に修正しておきました

      今後とも宜しくお願いします

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)