2018年の最初の新しいApple Parkのドローンでの映像が公開される

2018年の最初の新しいApple Parkのドローンでの映像が公開される

2018年最初の映像

ドローンのビデオ撮影者Duncan Sinfield氏は、2018年の最初の新しいApple Parkのドローンでの映像をYouTubeで公開しています

3分の映像には、Apple Parkの大きな中央中庭、従業員フィットネスセンター、バスケットボールコート、スティーブジョブズシアターなどのショットが含まれています

Sinfield氏の新しいビデオの最初の部分は、Apple Parkの中庭内の造園に焦点を当てていて、Apple Parkの中庭は既に完成しています
緑は現在、大部分のカバーしており、噴水を取り囲んでいます

造園はApple Parkのドローン映像の大部分を占めています、大規模な機器のほとんどが建設の大部分が完了しているので、キャンパスの外に移動しています

スポンサーリンク



新しいビデオでは、Steve Jobs TheatreとApple Park Visitor Centerを見ることができます

メインアトリウムは、従業員が座って昼食を食べることができる屋外ダイニングテラスと同様に見ることが出来ます

建設が進行中の地域の1つは、Steve Jobs Theatreとメインのspaceship buildingの間の土地で、一部の車両や装備が赤い塀の中に残っています

小規模の建設や造園は残っていますが、従業員はすでにApple Parkに移り、Visitor Centerは昨年11月に一般公開されました

来月は、Appleが正式にキャンパス「Apple Park」と命名してから1年となります

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)