iMac Proに搭載の「T2チップ」は、Macの革命の始まり

iMac Proに搭載の「T2チップ」は、Macの革命の始まり

将来的にはMacの新しい時代の始まり

T2プロセッサは、iMac Proで難しくて手間がかかる作業をしているわけではありません、この作業をしているのは8〜14個のプロセッサコアを搭載したIntel Xeonプロセッサです

T2は、その頭脳の背後にある頭脳であり、Apple製のシリコンからiMac Proのサブシステムを実行しています
その結果、複数のメーカーの複数のコンポーネントを必要としない、簡素化された内部設計が可能になります

T2のタスクの中には、新しいiMac冷却システムの制御があります
ほとんどのMacでは、オーディオ、システム管理、ディスクドライブ用のディスクリートコントローラがあります

しかしT2はこれらすべてのタスクを処理します、T2はiMac Proのステレオスピーカー、内蔵マイク、およびデュアル冷却ファンを単独で制御します


ディスクコントローラはT2自体に組み込まれています、これによりT2はiMac Proの内部ストレージを完全に制御できます

これには、スピードとセキュリティの面で大きなメリットがあります、iMac ProのSSDに保存されているすべてのデータは、T2によって即座に暗号化されます
追加のセキュリティ強化のために、AppleはSSDの暗号化をあなたのパスワードに結びつけるFileVaultを有効にすることを強く推奨します、これにより、適切なハードウェアとパスワードを使用せずにディスクを復号化できないため、セキュリティのレベルがさらに強化されます

この暗号化はすべて目に見えなくなります、iMac ProのSSDはフルスピード(約3GB /秒で動作します

スポンサーリンク

安全のために2回起動する

問題のトラブルシューティング中に再起動するときに押す必要があるショートカットキーがあります

しかし、iMac Pro では、ブートとリブートは非常に異なっています
本質的には、2段階のプロセスは、最初の T2 によって駆動し、より伝統的なシステムのブートプロセスによって駆動されます

iMac Pro を起動すると、おなじみの Apple ロゴがほぼすぐに表示されます、これはT2 が制御しているというサインです
セキュリティ上の理由から、T2はiMac Proハードウェアの「信頼のルート」であり、電源が入ったときにブートプロセス全体を検証します

T2は起動し、物事をチェックし、そのブートローダをロードし、それがAppleによって合法的かつ暗号化されて署名したことを確認し、ブートプロセスの次の部分に移動します

この新しいブートプロセスには、Macユーザーが知ることができる新しいユーティリティがあることを意味します

起動時にCommand-Rキーを押しながらリカバリーモードで起動することでのみアクセスできるのがStartup Security Utilityです

Startup Security Utilityは、コンピュータを起動する必要があるかどうかを判断する際の厳格さに関するT2ガイダンスを提供します

デフォルトでは、セキュリティはフルに設定されており、現在のオペレーティングシステムまたはAppleによって署名され信頼されている別のOSバージョンのみがAppleによって署名および信頼されていることを意味します

このバージョンでは、OSソフトウェアアップデートをインストールしようとすると、アップデートが正当であることをAppleに確認する必要があるため、ネットワーク接続が必要となります
また、セキュリティレベルを低く設定することができます (これは macOS の古いバージョンの信頼のレベルに関係なく実行することができます)、Mediumに設定することも、機能を完全にオフにして、他のすべてのMacが現在起動している方法をエミュレートすることもできます

画像元:iFixit
(Via MacWorld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)