【Mac】マルウェア、2017年第1四半期に53%の増加

【Mac】マルウェア、2017年第1四半期に53%の増加

まいど、酔いどれ( @yoidoreo )です。

マルウェアの脅威が増加

Macユーザーの台数が増え続けるにつれて、マルウェアの脅威も増加しています

多くのMacファンは、Appleのプラットフォームがマルウェアやその他の悪質なプログラムから免れていると考えていました

これまでは、ユーザーベースが小さかったために、攻撃者の目標になり難かったのですが、近年は変わってきました

Appleは4月にMacを1億人以上が使用していることを明らかにしました、この増加は必然的にマルウェア作成者の注目を集め過去1年間で、macOSマシンに対する攻撃の数は増加しました

2017年の第1四半期まででトータルで700,000件を越えています


スポンサーリンク




2017年の第1四半期において、McAfee Labsは、新しいMacのマルウェアの約250,000件を確認しました
Malwear 001

McAfee Labsは2017年第1四半期に合計70万件のマルウェアを特定しましたが、70万種類のマルウェアが見つかったわけではありません

30,000台のマシンで同じ悪意のあるプログラムが検出された場合、その数は30,000件になります

さらに、この数字は同じ期間にインスタンスの数が約7億に達したWindowsマルウェアの脅威と比べようもありません

また、McAfee Labsの報告によると殆どが、ブラウザやその他のアプリに広告を表示するアドウェアだとしています

画像元:MacGeneration
(Via MacGeneration.)


Appleは、macOSが安全なプラットフォームだと言っています、ある意味真実ではあるかもしれませんが、これから益々マルウェアの増加が予想されることから、対策をとっておくことは必要不可欠だと思います


では、では・・・












LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)