M2チップ搭載MacBook Airの初のベンチマーク結果

M2チップ搭載MacBook Airの初のベンチマーク結果

新しいMacBook Airの初期のベンチマーク結果が明らかになりました

Mr. Macintosh(@ClassicII_MrMac)氏がTwitterで公開したGeekbench 5の結果では、M2チップと16GBのユニファイドメモリを搭載したMacBook Airは、シングルコアが1,899、マルチコアが8,965を記録しています

このスコアは、M2チップを搭載した13インチMacBook Proが達成したスコアとほぼ同じであり、M1モデルと同様に、テストにおいて両ノートブックの性能がほぼ同じであることが確認されました


Geekbenchのテストでは、M2チップはMacBook AirとMacBook Proで同等の性能を発揮しますが、MacBook ProはMacBook Airと異なりファンがあるため、負荷のかかる作業を持続する実使用ではまだ良い結果を得られる可能性があります
スポンサーリンク


M1チップを搭載した一世代前のMacBook Airの平均シングルコアスコアは1,706、平均マルチコアスコアは7,420で、M2 MacBook AirはM1モデルと比べてマルチコア性能が最大20%向上していることになります

この結果は、M2 MacBook Airが8コアのIntel Xeon Wプロセッサを搭載したベースモデルのMac Proタワーを、5,000ドル近く安い価格にもかかわらず上回っていることも裏付けています

これは単純な比較ではありませんが、より手頃な価格のMacに搭載されたApple Siliconチップの素晴らしい性能を証明するものです

256GB SSDを搭載したベースモデルのM2 MacBook Airが、単一のNANDストレージチップのみを搭載しているかどうかは、まだ不明です

先月、ベースモデルのM2 MacBook Proは、2つの128GBチップではなく1つの256GBストレージチップを搭載しているため、同等のM1モデルと比べてSSDの速度が著しく遅いことが判明しています

仮想メモリのスワッピングのため、SSDの速度が遅いとシステム全体のパフォーマンスに影響を与えることがあります

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)