watchOS 9対応の噂されるApple Watchの低電力モードは「まだ開発中」

watchOS 9対応の噂されるApple Watchの低電力モードは「まだ開発中」

BloombergのMark Gurman氏は、本日配信のPower Onニュースレターで、Apple Watchの拡張ローパワーモードはまだ開発中で、今年後半のwatchOS 9の一般公開と同時期にリリースされる方向であると述べています

Apple Watchはすでに、バッテリーの寿命を保つために画面に時間だけを表示するパワーリザーブモードを備えていますが、Gurman氏によれば、拡張ローパワーモードでは、低電力状態でアプリなどを使用できるようになるとのことです

Gurman氏は4月にこの機能が開発中であることを初めて報告しましたが、Appleは6月に開催された開発者会議WWDCでwatchOS 9をプレビューする際に、この機能を発表しませんでした

スポンサーリンク


Gurman氏は、iOS 16の新しいロックダウンモードがWWDC後に発表されたように、Appleが新しいローパワーモードを後日発表する可能性があると考えています

watchOS 9は、Apple Watch Series 8、新しいApple Watch SE、新しい頑丈なProバージョンのApple Watchの発売と同時に9月にリリースされると予想されます

Gurman氏は以前、低電力モードについて「ハードウェア限定の機能」になる可能性があるとしており、これは 「Apple Watch Series 8」のみに対応する可能性があることを示唆しています

Gurman氏は5月11日付けのニュースレターで、低消費電力モードは頑丈な「Apple Watch」の新機能の一部と密接に連携する可能性があるとの見解を示しました

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)