アスリート向けの「Apple Watch Pro」は、900ドルから999ドルかかる可能性が

アスリート向けの「Apple Watch Pro」は、900ドルから999ドルかかる可能性が

最新のPowerOnニュースレターで、BloombergのMark Gurman氏は、Apple Watch Extreme、Apple Watch Max、Apple Watch Explorer Edition、あるいはApple Watch Proと呼ばれるかどうかにかかわらず、Apple Inc.はApple Watchに「Pro」層を与えることを決定しているとしています

標準モデルの上に位置するハイエンドのApple Watchへの展開は、AppleがProモデルで製品ポートフォリオを広げてきた長い歴史に続くもので、MacBook Pro、iPad Pro、iPhone Pro、AirPods Proなどはその一例です

イヤホンを除くPro製品の場合、Appleはより優れた性能と画面、それにもちろん高い価格で差別化を図っています

この秋に発売される、より高価な新しいApple Watchはの特徴は

  • より大きく飛散しにくいディスプレイ
  • 強化されたハイキングと水泳のトラッキング
  • より長いバッテリー寿命
  • 高級でアルミニウムではない金属素材(スチールよりはるかに耐久性があることから、おそらくチタン)で作られたより重く頑丈なケース

になると予測されています

スポンサーリンク


Gurman氏は、次のように述べています

このスマートウォッチは、エクストリームスポーツのアスリートや、激しいワークアウトのためにハイエンドのGarminスポーツウォッチを購入するような人にアピールするようにデザインされるでしょう。また、より大きなスクリーン、より大きなバッテリー、そして金属製のデザインは、単に最も先進的なApple Watchを求める人にとっても魅力的なものになると思います

そのセールスポイントは、通常のiPhone 13に対する現在のiPhone 13 Proの売り込みに似ています。iPhone 13 Proとの主な違いは、カメラの改良のほか、バンドがアルミニウムからステンレスになり、バッテリーがより長持ちし、ProMotionが搭載されたことなどです

Apple Watch Series 8

  • 現在のSeries 7の41mmと45mmのサイズでディスプレイがアップデートされる
  • S8チップ(性能はS7やS6チップと同等)
  • 体温センサーが追加されます(頑丈なモデルも同じチップと新しい健康機能が搭載される予定です)

スポンサーリンク

Apple Watch SE

  • 新型SEはApple Watch Series 3の終了を意味する
  • 現行SEに搭載されているS5チップを、標準のSeries 8と同じS8チップに置き換える予定
  • しかし、体温計は搭載されない

価格については、おそらく新しいApple Watch SEは現行モデルの279ドルという価格帯で置き換えられ、標準のSeries 8はSeries 7に代わる最小のサイズとアルミニウム構成で399ドルからになると推測されるとのこと

新しいPro用Apple Watchの価格はいくらになるのか?

それを考えるには、現行のApple Watch Editionから始めることになると思います

現在のApple Watch Editionは、基本的にApple Watch Series 7をアルミニウムやステンレススチールではなく、チタン製のケースにしたもので、45mmのEditionは849ドルからです

新しいハイエンドのApple Watchが、少し大きめのディスプレイ、新しいセンサー、ハイエンド素材を搭載することを考えると、最低価格がiPhone 13 Proの900ドルから999ドル程度になるとしても驚きではないでしょう

(Via PowerOn.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)