実際の使用テストによるM1 Ultraベンチマーク、M1 Maxより40%~100%高速

実際の使用テストによるM1 Ultraベンチマーク、M1 Maxより40%~100%高速

Mac Studioの発売から間もなく、私たちはたくさんのM1 Ultraベンチマークを目にすることになりました、これらは、28コアのIntel Mac Proとの比較から、Macworldによる包括的なテストセットまで、多岐にわたります

新しいテストセットは、M1 UltraとM1 Maxが実際の使用においてどのように比較されるかを見るだけでなく、プロアプリのユーザーによって特に提案されたタスクを実行する際にも、M1 UltraとM1 Maxの比較を目的としています

背景

Mac Studioの発売と同時に、Appleは全く新しいApple Siliconチップ、M1 Ultraも発表しました。これは、実質的に2つのM1 Maxチップを1つにしたものです

Geekbenchのテストでは、M1 UltraチップがIntel Mac Proで提供されている最高スペックのCPUよりも強力であることが示され、M1 Ultraチップがどれほど強力であるか、私たちはいち早く知ることができました

Mac Proに搭載されている28コアのIntel Xeon W-3275Mプロセッサは、Multi Coreで19,951というスコアです、つまり、M1 UltraはIntel Mac Proに搭載されている最も高価なCPUよりも約20%高速であることがわかります

スポンサーリンク


Macworldは非常に徹底したベンチマークを実施し、最上位チップの恩恵は大きく異なることを示唆しましたが、ProResビデオグラファーは最も大きな改善効果を実感しています

ProResやH.265などのビデオコーデックを多用する場合、Ultraに搭載されているアクセラレータを2倍搭載すれば、大きなパフォーマンス向上が期待できます

フォトエディターであれば、両モデルのシングルコア性能はほぼ同じであるため、価値の点では安価なバージョンを選んだほうがよいでしょう、しかし、より重い写真作業を行う必要がある場合は、ウルトラのより多いRAMの制限が役に立つことがあります

M1 Ultraのベンチマークと実際の使用感

Engadgetが行ったのは、独自のテストを可能な限り現実的なものにすることです、そのために、読者が最も頻繁に行う負荷の高いタスクを尋ね、実際の使用例を実施する際に、M1 UltraをM1 MaxとハイエンドPCの両方に対して具体的にベンチマークすることができるようにしたのです

M1 Ultraは、2つのM1 Maxチップを融合し、20のCPUコアと64のGPUコアを持つプロセッサーと、最大128GBのRAMを搭載し、これまでテストした中で最も高速なプロセッサーの1つとなっています

M1 Ultraで実行してほしいテストは何かと尋ねると、Adobe LightroomやPremiere Pro、Davinci ResolveやFusion、Blenderでの3Dモデリング、TensorFlowやPytorchなどの機械学習テスト、そしてゲームなど、かなりの数のリストが集まりました

その結果、CPU負荷の高いタスクに関しては、M1 UltraはM1 Maxの約2倍の速さであることがわかりました、GPUを多用する用途では、それほど劇的な改善は見られませんでしたが、それでも概ね40~80%の範囲に収まっています

当然のことながら、M1 Ultraが真価を発揮するのは高負荷のビデオレンダリングであるというMacworldの結論と同じです

スポンサーリンク


M1 Ultraは、ハードウェアアクセラレータが効果を発揮するときに最高のパフォーマンスを発揮します、これは、ビデオレンダリングやAI処理など、特定のタスクを高速化するために作られたチップのパーツです

10本の8Kビデオクリップを同時に処理するテストでは、M1 Ultraはアクセラレーターの助けを借りて、わずか29秒で作業を完了しました

これは、16コアのAMD 5950XプロセッサーとNvidia RTX 3080 Tiグラフィックスカードを搭載しているにもかかわらず、テストしていたPCの約2倍の速さだったのです

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)