Apple、iMac Pro向けM1チップの第4のバリエーションを開発中

Apple、iMac Pro向けM1チップの第4のバリエーションを開発中

2020年11月、AppleはMac用の最初のカスタムシリコンチップM1を発表した。同社はこの画期的な技術を、 「MacBook Air」 「13インチMacBook Pro」 「Mac mini」 「24インチiMac」 、さらには 「iPad Pro」 にも搭載しています

約1年後、AppleはM1チップのプロレベルのバリエーションとして、M1 ProとM1 Maxを発表しました、同社はこれらのチップを、14インチと16インチのMacBook Proに見られる優れた性能を活用するように設計しました

MacBookがすべてApple Siliconに移行したことで、移行するのはデスクトップコンピュータだけになりました、Appleが古くなった21.5インチモデルに代わるカラフルな24インチiMacを発表して以来、大型モデルに何が期待できるかが期待されています

最近の噂では、この新モデルには最新のMacBook Proに搭載されている高度な機能の多くが搭載されると言われています、これには、ProMotionテクノロジーを搭載した27インチのmini-LEDディスプレイが含まれます

スポンサーリンク


リーク情報で有名なDylan(@Dylandkt)氏は、AppleがM1 Maxよりもさらに高性能な新機種を計画しているとツイートしています

同氏はこの12コアCPU構成が、来たるべき「iMac Pro」で初めてデビューすることを期待しています

この次期システムオンチップは、さらに多くのメモリを提供する可能性があり、現在、Intelベースの27インチiMacは最大128Gバイト、最新のMacBook Proは最大64Gバイトのメモリを搭載できます

今春にも新しい大型のiMacの発売が期待されています

(Via Appleosophy.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)