秋の新型iPad ProはApple Silicon M2チップを搭載、MagSafeは搭載しない可能性も

秋の新型iPad ProはApple Silicon M2チップを搭載、MagSafeは搭載しない可能性も

AppleのiPad Proの次期リフレッシュは秋に行われる可能性があるとリーカーは主張しており、M2チップを搭載する可能性が高い一方で、ワイヤレス充電については疑問の余地があるようです

Appleは、11インチのiPad Proと12.9インチのiPad Proで構成される「iPad Pro」ラインアップを2022年中にアップデートすると予想されています、信頼できるリーカーのツイートによると、2022年後半になるようです

Dylan(@Dylandkt)氏によるツイートは、「M2 iPad Proは秋に発売される」と述べているところから始まり、この季節にも多くの製品発表があることを示唆しています

M2 0707

iPad Proの現行モデルはM1チップを採用しているため、M2アップグレードは追加モデルとしてもっともらしく思えます

スポンサーリンク


7月には、TSMCがこのモデル向けのチップに3nmプロセスを使用する可能性があるとされ、最終的には次のApple Siliconのアップデートに使用される可能性があるとされています

M2を搭載する予定の製品はiPad Proだけではありません、14インチのMacBook Proには、2022年後半のアップデートで、2022年初めにはMacBook AirのアップデートなどでM2が搭載される可能性があると主張されてきました

1月の噂では、iPad ProがMagSafeの充電を有効にする手段として、ガラス製のAppleロゴを使用する可能性があるとの憶測が流れていましたが、Dylandkt氏は、「ワイヤレス充電/MagSafeの機能に関して、複数の情報源から懸念の声しか聞いていない」と、リーク情報では書かれています


スポンサーリンク


ディスプレイについては、12.9インチiPad Proで採用されたmini-LEDバックライトディスプレイの恩恵を11インチモデルがついに受けることになると言われており、「すべての」モデルが次世代でこのディスプレイ技術を搭載するとされています

これは、アナリストのMing-Chi Kuo氏による2021年半ばからの他の予測とも一致するものです

ツイートの対象はiPad Proだけではありません、最後の行に「AirPods Pro 2も秋のリリースに向けて順調に進んでいる」とあり、ワイヤレスイヤホンのアップデートも控えていることがわかります

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)