Apple、2022年iMac Proの現在の噂

Apple、2022年iMac Proの現在の噂

Appleは、大型iMacのデザインを一新し、「iMac Pro」の名称を復活させて、2021で発表された24インチiMacとの差別化を図ろうとしています

この大型iMacは、新しいデザイン、M1 Pro/Maxチップ、mini-LEDディスプレイを搭載し、2022年前半に発売される可能性があります

デザイン

リーカーのDylandkt氏によると、次期iMacは、24インチiMacやPro Display XDRと同様のデザインになるとのことです

ベゼルはブラックで、もしPro Display XDRに似ているのであれば、ベゼルサイズはよりスリムになり、ボトムアゴも少なくなるかもしれません

ディスプレイ

次世代iMacは、2021年モデルのMacBook Proと同様に、より鮮やかな色と深い黒、そしてHDRの向上を実現するmini-LEDディスプレイを採用し、最大120Hzのリフレッシュレートを可能にするProMotionディスプレイテクノロジーが採用されます

リフレッシュレートを120 Hzにすることで、よりスムーズなゲームプレイや、Safariなどのさまざまなアプリのスクロールが可能になるほか、macOS全体の一般的なアニメーションも改善されます

スポンサーリンク


一部の噂では、小型のiMacが21.5インチから24インチになったことを反映して、iMacのディスプレイは27インチよりも大きくなると言われていますが、ディスプレイアナリストのRoss Young氏は、現行モデルと同様に27インチになると述べています

リーカーのDylandkt氏によると、AppleはiMac Pro向けにFace IDをテストしたとのことですが、確定した機能ではなく、Face IDがリリースバージョンのマシンに搭載されるかどうかは明らかではありません

ポート

iMacは、MacBook Proと同様のポート構成になると予想され、AppleはUSB-C/Thunderboltポート、SDカードスロット、HDMIポートを搭載します

また、24インチのiMacのように、電源アダプタにイーサネットポートを内蔵する可能性もあります

M1 Pro/Maxチップ

iMac Proには、MacBook Proで採用されたM1 ProおよびM1 Maxチップが搭載されますが、アップルはさらに1つ上位の構成を導入する可能性もあります

M1 ProとM1 Maxは、同じ10コアのCPUを搭載しています(ただし、M1 Proには8コアのバージョンもあります)、M1 Proは最大16個のグラフィックコア、M1 Maxは最大32個のグラフィックコアを搭載しています

ネーミング

Appleは社内で「iMac Pro」と呼んでいると伝えられており、それはMacBook ProやiPad Proと同じ脈絡で、発表時の名称にもなる可能性があります

27インチモデルと24インチモデルのiMacでは、「Mac Pro」という名称によって、MacBook Proと同じ「Pro」チップを使用していることが明確になります

スポンサーリンク

プライス

ベースとなる「iMac Pro」は、16GBのメモリと512GBのSSDを搭載し、価格は2,000ドル程度からになると言われています

発売日

次期iMac Proは、2022年のいつか、おそらくWWDCより前に発売される予定です

iMac Proは、現行のIntelベースの27インチiMacに代わる製品となります

(Via MacRumors.)











COMMENTS & TRACKBACKS

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. By ほほい

    31.5インチの高スペック液晶パネルの量産が始まったようなので、iMacも31.5インチになりそうな気が

    • By 酔いどれ

      ほほい さん

      情報ありがとうございます、31.5インチのiMac期待したいですね!

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)