16インチM1Max MacBook Proは、集中的なパフォーマンスを実現する新しい「ハイパワーモード」を備える

16インチM1Max MacBook Proは、集中的なパフォーマンスを実現する新しい「ハイパワーモード」を備える

Appleによれば、macOSMontereyを実行するAppleの新しい16インチM1Max MacBook Proは、集中的で持続的なワークロードのための新しい「ハイパワーモード」を備えています

MacRumorsの寄稿者であるSteve Moser氏は、macOS Montereyのベータ版で 「High Power Mode」 への言及を発見しました

この新しい設定は、システムパフォーマンスを低下させてバッテリの寿命を延ばすことを目的とする「低電力モード」の反対です

新しいモードは、M1 Maxチップを搭載した16インチMacBook Proでのみ利用可能で、14インチモデルやM 1 Pro搭載モデルでは利用できません

macOS Montereyのベータ版には、「Macのパフォーマンスが最適化され、リソースを大量に消費するタスクのサポートが向上します。ファンの異音が大きくなることがあります。」と書かれています

スポンサーリンク


この新しいモードは、通常の作業では使用されませんが、ユーザがより大きなファイルをレンダリングしたり、グラフィックスを多用するタスクでパフォーマンスの向上が必要な場合に使用されます

新しい14インチと16インチのMacBook Proはどちらも熱設計が改善されていますが、Appleによると、新しいファンと改良されたファンはほとんどのユーザーが日常的に使用するものではありません

Appleの最新ハイエンドM1 Max Apple SiliconチップのGeekbenchスコアは、GPUタスクにおいてMacBook ProのM1チップより3倍以上高速であることを示しています、マルチコアのパフォーマンスでは、M1 MaxはM1の最大2倍高速です

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)