Facebook、バグで何百万人のプライベートユーザの投稿を公開した

Facebook、バグで何百万人のプライベートユーザの投稿を公開した

Facebookの欠陥

Facebookは、そのサービスの欠陥が、何百万というユーザーの投稿をプライベートから公開に変える責任があることを確認しました

Facebookは、セキュリティ&プライバシーのスポットライトをソーシャルネットワーク上に再現する、最新の事件について最大1,400万人のアカウントを所有者に知らせる過程にあります

最初の報告によると、Facebookのソフトウェア内のバグは約10日間起こり、プライベートに設定された何百万もの投稿が変更され、パブリックドメインに共有されたことを意味しています

当初、プライベートに設定された既に投稿されたコンテンツは、ユーザーの同意なしに不注意に一般に公開されたと言われていました

Facebookのプライバシーの責任者Erin Eganは、このバグは存在していたものの、修正されていることを確認しており、最初の報告書が示唆したほど悪くないことも確認しています

スポンサーリンク


以前の投稿とまったく同じプライバシー設定に慣れていたFacebookの所有者にとっては、新しい投稿のプライバシー設定を実際に確認する必要がないと感じることなく、投稿が一般公開されていることを知ることは衝撃的だったはずです

この問題は、5月18日から5月27日までのアカウントに影響を及ぼしていましたが、現在は Facebook アカウント所有者が予想どおりに動作することを期待できるという意味で解決されています

Facebookは、信用を取り戻すため問題を見つけ、それを解決し、問題に関する公式声明を発行します

(Via Redmond Pie.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)