Apple、最新のベータ版のSafariから役に立たない「トラッキングの停止を要求」機能を削除

Apple、最新のベータ版のSafariから役に立たない「トラッキングの停止を要求」機能を削除

「トラッキングの停止を要求」機能

iOS 12.2 にインストールされている apple のブラウザの新しいバージョンである Safari 12.1 のリリースノートでは、Apple は現在古くなっている「トラッキングの停止を要求」機能のサポートを削除していると述べています
Do not Track 00002a

左:iOS 12.2 beta、右:iOS 12.1.3

スポンサーリンク


「トラッキングの停止を要求」機能は、最初は 2011年のOS X LionのSafariに追加された機能です
Do not Track 00001
「トラッキングの停止を要求」メッセージを遵守することは広告会社次第です、そしてそれはユーザーの好みをアナウンスする以上の実際の機能を持たず、Webサイト、広告主、および分析会社は無視して構いません

「トラッキングの停止を要求」に代わるものとしてAppleは遥かに厳格な「サイト越えトラッキングを防ぐ」のオプションを導入しています
Do not Track 00003a
これは実際に目に見える効果があり、多くの広告主や分析サイトがクロスサイトインターネット閲覧を検出するために使用する追跡方法を防ぎます

(Via MacRumors.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)