Metaの新アプリ「Threads」、開始から10時間で1,000万ユーザー達成

Metaの新アプリ「Threads」、開始から10時間で1,000万ユーザー達成

新たなソーシャルメディアアプリ「Threads」が、開始初日に大量のユーザーを獲得しました、Meta社は、サービス開始から10時間未満で1000万人以上が登録したと発表しました

この人気は、Instagramとの深いクロスプロモーションにより引き起こされました、App StoreからアプリをダウンロードしたInstagramユーザーは、同じユーザーネームでワンタップでThreadsに登録でき、InstagramのプロフィールにはThreadsのバッジが表示されます

Twitterで続く混乱の中、Threadsのローンチはこれ以上ないタイミングでした、Threadsは、真剣にTwitterの代替品を提供しようとする中で最も近い存在です

Metaは賢く、アプリをInstagramの製品としてブランド化し、Facebookのネガティブなイメージから切り離しました、そして、Instagramとの統合は、Mastodonのようなやや混乱したオンボーディング体験とは対照的に、人々がサービスに乗るのを非常に簡単にしています


Mastodonとは異なり、Instagramは多くの有名人やブランドにThreadsのプロフィールを作成するよう奨励しています、シャキーラのようなセレブやNetflixのような企業は、初日からThreadsを利用することが出来ました、これにより、アプリが「空っぽ」に感じるという問題をうまく回避しました

これらすべてが、初日のローンチを成功に導いたことは明らかです、しかし、今後数週間から数ヶ月にわたってThreadsがどのように受け入れられるかはまだ見えていません

一般的なユーザーからの要望には、クロノロジカルなタイムラインオプションの追加や、WebブラウザやネイティブのMacアプリなどのデスクトッププラットフォームでのThreadsへのアクセスが含まれています

Instagramはまた、Threadsが”fediverse”に参加すると約束していますが、これはまだ利用可能ではありません、近いうちに、ThreadsはMastodonが使用する同じActivityPubプロトコルと互換性を持つことになると言われています


これにより、ユーザーはネットワーク間で互いにフォローし、必要に応じて自由にデータを移行することができます

このような大規模なローンチは、新しいソーシャルメディアプラットフォームにとっては珍しいことではありませんが、Threadsがどのように進化し、ユーザーの期待に応えるかが重要です

(Via 9to5Mac.)







LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)