iPhoneとオンラインアカウントのプライバシー設定を管理する7つの方法

iPhoneとオンラインアカウントのプライバシー設定を管理する7つの方法

業界全体が人々を追跡し、それらについてのデータを集め、そして最高入札者にそれを販売しています

幸いなことに、Appleは顧客のプライバシーをかなり尊重しているので、iPhoneを簡単にロックして非公開にすることができます

Andrew Orr氏がthe Mac Observerで、安全を守るためのiPhoneのプライバシーに関するヒントを紹介しています

iPhoneのプライバシー設定

1. iPhoneのロックを解除することを強制されることにあなたの懸念がある場合は、タッチIDを使用しない

法律として完全に明らかにされていませんが、現在のところ法執行期間は指紋認証でiPhone のロックを解除することを強制できます、これは、指紋を収集して証拠として使用できるためです

しかし、その情報を記憶するパスコードを設定している場合、修正第 5 条の下で一部の裁判所はそれを保護します

「設定」>「Touch IDとパスコード」でオフにして、電源を切ります

2. データの消去

Touch ID(Face ID)とパスコードの設定中に、一番下までスクロールして「データを消去」をオンにします

これは、デバイスが盗まれた場合にパスコードの入力に10回失敗するとiPhoneのすべてのデータを消去します

3. 特定のウィジェットを削除する

個人情報を表示しているウィジェットをロック画面から削除します

ホーム画面を右にスワイプしてウィジェットセクションの画面にします、 「編集」ボタンが表示されるまで一番下までスクロールします、そこで表示するかどうかウィジェットを選択することができます

スポンサーリンク

4. 通知プレビューをオフにする

ロック画面でのもう1つの注意点は、アプリからの通知プレビューをオフにすることです、これにより、メッセージやその他の情報が誰にも表示されなくなります

「設定」>「通知」>「プレビューを表示」に移動し、 「しない」または「ロックされていない時」を選択できます

そうすることで、iPhoneのプレビュー表示をするためにTouch IDまたはFace IDが必要となります

5. 追跡を無効にする

Appleは、サービスを向上させるために、さまざまなデータを追跡できます、これには、Apple MapsとiPhone Analyticsの位置データが含まれますが、Appleのこの情報に対する信頼はできるものとおもわれます、それでも心配だと思う場合は

「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」>「システムサービス」でアプリケーション毎に「許可しない」「このAppの使用中のみ許可」が選択出来ます、また「位置情報サービス」を完全に無効とすることが出来ます

6. iCloudのバックアップ

iCloudバックアップは非常に便利なので、どうしても信用出来ないと言う方はオフにします

「設定」>「名前」>「iCloud」>「iCloudバックアップ」の順に選択して無効にすることができます

代わりに、コンピュータのiTunesにバックアップし、バックアップが暗号化されていることを確認してください

7. Safariをロックダウンする

Appleでは、Webサイトを閲覧したときに取得する情報の一部を管理できます

「設定」>「Safari」に移動して、「プライバシーとセキュリティー」項目で「サイト越えトラッキングを防ぐ」をオンに、「すべてのCookieをブロック」する、「トラッキングの停止を要求する」をオンに、「詐欺Webサイトの警告」をオンにする、「カメラとマイクのアクセス」をオフにします

(Via the Mac Observer.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)