新しい「Black dot」バグがiOS 11.3と11.4を実行するiPhoneとiPadをクラッシュさせる

新しい「Black dot」バグがiOS 11.3と11.4を実行するiPhoneとiPadをクラッシュさせる

システムをクラッシュ

過去にiMessageを介して指示されたバグが、システム全体をクラッシュさせることがあります

iOS 11.3と11.4ベータ版を実行しているデバイスでは、「Black dot」と呼ばれる類似のバグが浮上しています、黒い点「 ● 」と絵文字「👈」がこの順序で送信されると、バグがシステムをクラッシュさせます

バグの原因は明らかではありませんが、Android版のWhatsAppからのものです

問題は、文字列に隠れた見えないUnicode文字が何千も含まれていることです。システムはその文字列を処理しようとするとCPUサイクルを狂わせます
この特別に細工されたテキストがメッセージを通じて送信された場合、受信者がメッセージを読むときに繰り返しクラッシュが発生します

スポンサーリンク


AppleやGoogleのようなソフトウェアメーカーにとっては、このような厄介なバグを準備するのは非常に難しいことです

このUnicodeのバグはMacに多少の影響を与えると言われています。そのため、iPhoneやiPadに限定されるものではありません

Unicodeがメッセージングシステムの不可欠な部分であるため、システム内のすべての潜在的なバグを発見することはほとんど不可能です
しかし、このようなバグが増えれば、AppleやGoogleのような企業は、それに応じてパッチを当てるようにしており、Appleは速やかに修正をリリースする予定と思われます

(Via 9to5Mac.)

追記

「Black dot」を修正する方法はこちらです











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)