iPhone X、2018年Q1において欧州で最も人気のスマートフォンでした

iPhone X、2018年Q1において欧州で最も人気のスマートフォンでした

第1四半期のスマートフォンの出荷台数は全体で6.3%減少しましたが、Appleは1,020万台を出荷し、前年同期比で5.4%減少しました

調査会社のCanalysによると、2018年第1四半期のスマートフォン全体の売上高は、前年同期比で6.3%減少しました

Appleは四半期のヨーロッパで第2位のスマートフォンベンダーであり、市場シェアは22%でした

Canalysは、前四半期から出荷されたiPhone Xの出荷台数が25%減少した一方、Canalysはそれを「この地域で最も優れたスマートフォン」と言います、またCanalysは、第1四半期のiPhoneの出荷台数の25%は2年以上経過したモデルであるとも述べています

Samsungの出荷台数は15.4%減少したものの、サムスンの総販売台数は1520万台、市場シェアは33.1%で、Huaweiが3位、XiaomiとNokiaが続いています

Canalysはまた、ソニー、LG、および他の既存ブランドが撤退したため、過去4年間で、iPhone、すべてのSamsungデバイスとHuaweiのトップ3、の携帯電話が市場の61%から71.4%になったと報告しています

スポンサーリンク

新しい時代

IPhone Europe 002
Canalysのアナリスト、Ben Stanton氏は、「これはヨーロッパのスマートフォンの新しい時代である」と語っています

「残っている成長市場の中には、飽和したものを相殺するだけでは不十分であり、成長期から循環期に移行している」とも述べています

出荷台数は、特に西ヨーロッパでは、英国、フランス、ドイツで2桁下落したものの、出荷台数はロシアでは 25% 以上の増加でした

先週の収入によると、Appleは3月の四半期に5220万台のiPhoneを販売しました、Canalysが同じ3ヶ月間での調査と仮定すれば、ヨーロッパのマーケットはiPhoneの1/10を占めることになります

(Via appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)