Apple、ロケーションデータを第三者に送信するアプリケーションを削除

Apple、ロケーションデータを第三者に送信するアプリケーションを削除

Facebookのスキャンダルとヨーロッパの新しい一般データ保護法規がすぐに施行される中で、プライバシはデジタルワールドのホットな話題になっています

ここ数日、Appple社は、第三者とロケーションデータを共有するアプリケーションの削除を開始しています、このような場合Appleはアプリケーションを削除しApp Storeレビューガイドラインの2つの部分に違反していることをデベロッパーに通知しています

これまでのところ, 我々は、Appleのこれらのタイプのアプリケーションを取り締まる、いくつかのケースを見てきました、同社は電子メールを介して開発者に、「再評価時に」そのアプリケーションがApp Storeレビューガイドラインのセクション5.1.1と5.1.2に違反していることを伝えています

このガイドラインはユーザーの位置情報とユーザーのデータ収集意識に関する情報です

Appleは、違反に関連するコード、フレームワーク、またはSDKを、開発者はApp Storeに再提出する前に削除する必要があると説明しています

スポンサーリンク


これらのアプリケーションに対するAppleの厳重な取り締まりは、欧州連合(EU)のGDPR(General Data Protection Regulation)に起因する業界の変化がますます大きくなる中で行われます

Appleは常にプライバシーに重点を置いた企業ですが、開発者が同じようにユーザーデータを管理し注意するようにしています

問題のアプリではユーザーにデータの状態を伝えるだけでは十分ではありません
許可を求めているだけでなく、Appleは開発者にデータがどのように使われているのか、それがどのように共有されているのかを説明してほしいと考えているようです

さらに、Appleはユーザーエクスペリエンスの向上とは無関係の目的でデータが使用されている場合についても取り締まっています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)