新しいiPadのUSB-Cポートは、実はLightningポートを偽装したもの?

新しいiPadのUSB-Cポートは、実はLightningポートを偽装したもの?

Appleは長年iPhoneやiPadなどにLightningポートを搭載してきましたが、欧州連合 (EU) の影響もあり、USB-Cへの移行を余儀なくされています、多くの点で、これはユーザーにとっては良いことですが、シームレスな移行になるとは思えないのでは?

The Vergeは、新しい第10世代iPadのレビューで、次のように述べています

USB-Cの実装は「USB 2.0 データ速度と4K 30Hz (または 1080p 60Hz) 外部ディスプレイに限定される」と報告しています。 USB 2.0のデータ速度は 480Mbps で、偶然にも Lightningのデータ速度です

まるでLightningが消えなかったかのようです

しかし、iPad Pro、iPad Air、iPad miniはどうでしょうか?

これらはすべてUSB-Cコネクタを備えていますが、第10世代iPadのようなデータ速度の制限はありません、実際にiPad ProにはUSB-CをThunderbolt化したものが搭載されており、転送速度は40Gbpsとなっており、iPad Airは10Gbps、iPad miniは5Gbpsとなっています

スポンサーリンク


アナリスト、評論家、ジャーナリストの間では、iPadのラインナップは混乱を招くものになっているという噂もあります

実際、第10世代iPadのUSB-Cのデータレートにより、少し明瞭さが増します、有線接続でデータをやり取りすることが多い人は、Lightningベースの第9世代iPadとUSB-Cベースの第10世代iPadの両方が、iPad Airよりもデータ転送速度が遅いことを知っておくと役立ちます

ただし、色、ディスプレイ、Apple Pencilのサポート、プロセッサの違いを理解する必要があります

Apple はまた、iPhoneでUSB-Cに切り替わることを認めており、早ければiPhone 15で採用される可能性があります

(Via Macworld.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)