Apple、iPad mini 6のバッテリ交換ポリシーをアップデートしデバイス全体ではなくバッテリのみを交換

Apple、iPad mini 6のバッテリ交換ポリシーをアップデートしデバイス全体ではなくバッテリのみを交換

Appleは、第6世代のiPad miniで、ユーザーが交換用デバイスを渡されることなくバッテリを交換できるようにする新しいポリシーを展開しています

現在、iPadの顧客がバッテリの交換を希望する場合、Apple Store、認定サービスプロバイダー、修理センターでは、iPadに搭載されていたバッテリをただ交換するのではなく、代わりのデバイスを提供することになっています

本日から、修理センターにおいて、iPad mini 6 をお持ちのお客様がバッテリー交換を希望される場合、ユニット全体を交換する必要なく、バッテリのみを交換することができます

新しい方針は第6世代のiPad miniに適用されていますが、他のiPadも数週間から数ヶ月のうちにこれに追随する可能性があります

スポンサーリンク


個々の状況によっては、新しいポリシーは一部の顧客に不利になるかもしれません

これまでは、バッテリの修理には交換用のデバイスが必要だったため、へこみやひび、擦り傷などはなどは対処されていたはずです

新しいポリシーでは、現在のiPad mini 6のオーナーはバッテリー交換のみを行い、その他の小さな欠陥やデバイスの損傷はそのままになることを意味しています

この新しいポリシーは、現時点では世界中の修理センターのみに適用されており、Apple Storeや認定サービスプロバイダーには適用されていません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)