iOS 16はiMovieとFinal Cut Proのシネマティック ビデオのサポートを中断か?

iOS 16はiMovieとFinal Cut Proのシネマティック ビデオのサポートを中断か?

iOS 16がリリースされて2週間が経ちました、このアップデートではいくつかの新機能が導入された一方で、iPhoneユーザーにとって多くのバグが発生し、そのうちのいくつかはすでに修正されています

これらのバグの1つは、シネマティックモードで録画したビデオに影響するようで、iMovieとFinal Cut Proで認識されなくなりました

iOS 16のシネマティック ビデオ

Apple SupportフォーラムやRedditでユーザーから報告されているように、AppleのビデオエディターであるiMovieとFinal Cut Proは、iOS 16を搭載したiPhoneで録画したシネマティック ビデオを開くことができなくなりました

このバグの理由は不明ですが、ユーザーがシネマティック ビデオを編集しようとすると、これらのアプリがエラーを表示することを指摘する報告は一貫しています

「iOS 16ではFCPのこの機能が壊れているようで、「シネマティック エフェクトを有効にできません」というエラーが表示されます」と Final Cut Pro ユーザーは述べています

別のユーザーによると、Apple の無料ビデオ エディタであるiMovieを使用しているときにもエラーが発生します

スポンサーリンク


残念ながら、Apple はまだこのバグを認識しておらず、修正するためのソフトウェア アップデートはありません

一部のユーザーが提案している回避策は、iPhoneでシネマティック ビデオを編集し、それらの動画をAirDrop経由でMacに共有することです、macOS Venturaが一般向けにリリースされるのは10月なので、AppleはMacアプリのアップデートはそれまで待つことになるでしょう

iPhoneのシネマティックモード

シネマティック ビデオモードは、ポートレートエフェクトを使ってビデオを撮影できるようにするiPhone 13で導入された機能です、このモードは、人工知能とiPhoneカメラによって取得された深度データを組み合わせて、人物やオブジェクトに焦点を合わせたままビデオの背景をぼかすものです

2022 09 27 11 08 08

ビデオが録画された後、ユーザーは背景のぼかしの強さを変更したり、フォーカスポイントを変更したりすることができます

iPhone 13とiPhone 13 Proはシネマティック ビデオを 1080p解像度でしか録画できませんが、新しいiPhone 14とiPhone 14 Prはシネマティック ビデオを 4K解像度で毎秒24フレームで録画します

Appleは昨年、iMovie、Clips、Final Cut Proのアップデートをリリースし、ユーザーがこれらのアプリケーションを使ってCinematicビデオを編集できるようにしました

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)