ワイヤレス充電対応のiPad Pro、iPad Air 5、iPad 10が2022年に発売か

ワイヤレス充電対応のiPad Pro、iPad Air 5、iPad 10が2022年に発売か

BloombergのMark Gurman氏によると、Appleは2022年、エントリーレベルのiPad、iPad Air、iPad Proを含む「iPad」のアップデートを準備していると言います

Gurman氏は最新のニュースレター「Power On」で、2022年の新しいデザインとワイヤレスを搭載した新しいiPad Proを発表するAppleの計画を明らかにし、新しいレベルのiPadとAirのエントリをリリースする意図をあきらかにしました

エントリーモデルであるiPadの今年のアップデートでは、A13チップ、ビデオ通話用の12MPの超ワイド・フロントカメラ、True Toneが追加されました

Appleは、2017年以来毎年、マイナーな仕様やデバイスの低価格を維持するためのチップアップグレードと、新バージョンのiPadをリリースしているので、2022年の新バージョンはそれまでの年と同様です

とはいえ、第10世代のiPadがどのような機能を搭載するかについては、まだ示唆されていません

スポンサーリンク


当初の噂では、今年のエントリーモデルのiPadは、iPad Air 3と同様の筐体に薄型デザインを採用し、ディスプレイを大型化するのではないかと言われていましたが、秋の発売では実現しませんでした

この設計が、代わりにiPadの第10世代バージョンに向かう可能性があると推測することは、決して低くはありません

2022年には、Samsung OLEDディスプレイを搭載したiPad Airという複数の噂がありましたが、このデバイスはキャンセルされ、次期iPad AirがLCDテクノロジを採用するようだと伝えられています

第5世代iPad Airについての他の噂はほとんどありませんが、少なくともiPad miniの仕様にまで引き上げられる可能性が高いようです

iPad miniにはA15 Bionicチップ、5G接続、Center Stageが搭載されています、これらはいずれも、2020年9月に登場した第4世代のiPad Air以降のAppleデバイスでデビューしたものですが、iPad Airが1年以上もアップデートされていない現在、Gurman氏のレポートは、iPadのラインナップにおける同デバイスの将来性を再確認させるものとなっています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)