Apple、噂では低価格iPadのデザインを一新しA14以上のチップを搭載

Apple、噂では低価格iPadのデザインを一新しA14以上のチップを搭載

2018年にはiPad Pro、2020年にはiPad Air、そして最近ではiPad miniと、iPadのラインナップはほとんどが一新されました

唯一、古いデザインを使用しているiPadは、低価格10.2インチのiPadです、Appleは近々、このiPadのデザインを一新し、違う味を出すでしょう

iPadは2016年に、主に学生や教育市場向けの低予算オプションとして復活しました、それ以来、このiPadは、2019年に10.2インチのスクリーンを搭載した1回のマイナーなデザイン変更があっただけでした

AppleはiPad10th Generationを完全に再設計し、ついにこのiPadに、これまで欠けていた待望のモダンなアメニティを提供します

スポンサーリンク

噂される変更

  • 象徴的なTouch IDボタンは、iPad AirやiPad miniと同じように電源ボタンに移されます
  • スピーカーにも大いに必要な改良が加えられるでしょう
  • Appleはまた、10.5インチのプロトタイプ機に搭載されている大型ディスプレイも提供
  • プロトタイプユニットには、iMac、AirPods Max、iPad Air、新しいHomePodminiなどの新鮮な色もあります
  • このiPadは、多くの新機能を備えたお買い得な製品であり、新しいデザインであっても、値上げではなく値下げになるという噂もあります、仮にこのiPadが値上げされたとしても、デザインを一新したiPad miniよりは安くなります
  • Appleはフルラミネートディスプレイを提供すると言われています
  • この新しいデザインにはUSB-Cが付属し、他のラインナップに合わせてヘッドフォンジャックを外す可能性が高い
  • その性能は、おそらく驚愕のものになる、低価格iPadは、A14(Mac用プロセッサー「M1」は、A14チップをベース)またはA15チップを内蔵していると予想され、ほとんどのPCノートブックよりも高性能になるでしょう

(Via iDrop News.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)