次期iPad miniは、より薄いベゼル、USB-Cポート、Touch ID電源ボタンを搭載する可能性

次期iPad miniは、より薄いベゼル、USB-Cポート、Touch ID電源ボタンを搭載する可能性

リーカーのJon Prosser氏は、新たに開設したウェブサイト「Front Page Tech」で、次世代iPad miniのデザインとされるレンダリング画像を公開しました

Prosser氏は、BloombergのMark Gurman氏とDebby Wu氏が今月初めに発表した内容と同様に、新しいiPad miniはディスプレイ周りのベゼルが細くなり、ホームボタンがなくなり、Touch IDは最新のiPad Airのように電源ボタンに移されると主張しています

IiPad mini 0612 00002

スポンサーリンク


また、新型iPad miniは、LightningコネクタからUSB-Cに変更され、「劇的に改善された」スピーカーが搭載されるとしています

IiPad mini 0612 00003

Prosser氏によると、新しいiPad miniはA14チップを搭載し、5Gをサポートし、新しくて小さいApple Pencilに対応するとのことです。このデバイスは、ブラック、シルバー、ゴールドの3色で年内に発売される予定です

レポートでは、新しいiPad miniの寸法が206.3mm×137.8mm×6.1mmになるとしていますが、ディスプレイサイズは提示されていません。現行のiPad miniは7.9インチのディスプレイを搭載していますが、Bloombergは新モデルが8.5〜9インチのディスプレイを搭載する可能性があると主張しています

リアシェルは現行のiPad Airに似ており、シングルカメラとSmart Connectorを搭載しています

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)