Apple、macOS MontereyでiPadアプリの漸進的改善を推進

Apple、macOS MontereyでiPadアプリの漸進的改善を推進

Appleは、ゆっくりと、しかし確実に、iOSアプリをmacOSアプリに近づけ、あるいはその逆を行っています

最近のCatalystの開発は、Macに恩恵を与える前に、iPadにも恩恵を与えています、なぜなら、開発者はiPadOSアプリケーションの再考を迫られるからで、iOS 15とmacOS Montereyで、Appleは実質的に統一された開発の方向性を続けています

AppleのCocoaエンジニアであるNils Beck氏は、「iPad用の良いアプリケーションを設計することは、Mac M1用の良いアプリケーションも設計することになる」と言います

逆に言えば、Mac用アプリケーションのメニュー構造やキーボードショートカットの定義を考えることで、開発者はそれに対応するメニューやショートカットをiPad上で手に入れることができるということで、iOS 15では、⌘キーを押したときに表示されるショートカットのリストが、macOSのメニューバーの構造と似ています

スポンサーリンク


macOS Montereyでは、Catalystアプリケーションに印刷メニューを追加できるようになりました

Apple は、2年間待った後、Mac用のショートカットを導入し、数年にわたる移行の後、Automator に取って代わることになります

iPhoneアプリケーションをiPadの大画面に、iPadアプリケーションをMacの機能に適応させることで、数年前には考えられなかったような変化が起きています

Catalystを見越してiPadに搭載されたアプリ間のドラッグ&ドロップは、iPhoneにも搭載されます

スポンサーリンク


macOS Big Surで制御した後、macOS MontereyはAdaptive Sync可変スクリーンリフレッシュテクノロジーを採用し、iPhoneやiPadのゲームをより良くサポートします

開発者は、チェックボックスにチェックを入れるだけで、そのままiPadアプリをMac App Storeで提供することができます

Catalystの初期バージョンではブラックスポットだったウィンドウのリサイズが、macOS Big Surでは大幅に改善されました

ただし、Appleは、開発者が「Macイディオム」を採用することを推奨しています、ある意味で、Web開発者がますます使用する「進歩的な改善」の原則を引き継いでいます

共通基盤の段階的な改善と最適化により、iPhoneアプリはiPadアプリになり、iPadアプリはMacアプリになります

(Via Mac Generation.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)