シミュレーションは、iPad上でmacOSがどのように見えるのか

シミュレーションは、iPad上でmacOSがどのように見えるのか

AppleがmacOSをiPadに搭載してほしいという要望が高まっているため、ある開発者がSwiftUIでシミュレーションを作成し、それがどのようなものになるかを示しました

それはMacオペレーティングシステムを実行しているAppleのタブレットによく似ていて、動作しているようにも見えますが、これはiPad上のmacOS Big Surではありません、ユーザーインターフェイスの一部を模倣したものにすぎません


スポンサーリンク


これはJordan Singer氏の発案です。彼は人々にBig Surを実行しているiPadの本当の感覚を与えるために、複数のスクリーンショットを撮影しました

Singer氏は、MacのオペレーティングシステムをiPadに移植しませんでした、彼はmacOSのようなユーザーインターフェイスを持つiPadアプリケーションを作るためにSwiftUIを使用しました、これはOSではなく、よくできた外観です

彼は、自分でテストしたい開発者のために、コードをGithubに投稿しています

先週、AppleはIntelチップを段階的に廃止し、代わりにiPadやiPhoneで使用されているのと同じタイプのプロセッサであるApple Siliconを中心に将来のMacを構築することを明らかにしました

これにより、サードパーティのソフトウェア開発者は自分のコードを新しいプラットフォームに移植することを余儀なくされることになりますが、macOSのアプリケーションをiPadに移植する可能性も出てきます

(Via Cult of Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)