Photoshop CC for iPadは幾つかの主要機能を欠いて、まもなくリリースされる

Photoshop CC for iPadは幾つかの主要機能を欠いて、まもなくリリースされる

Photoshop CC for iPad

1年前のAppleのイベントでiPadにフルバージョンのPhotoshop CCをリリースすることを発表しました

Bloombergの新しいレポートによると、人気の画像編集ソフトウェア「Photoshop CC for iPad」は、当初の約束どおり2019年末までにリリースされる予定ですが、一部の主要機能はリリース時には利用できないと伝えています

ソースによると

「機能的には、既存のiPadアプリの強化されたクラウドベースのバージョンのように感じ、宣伝されているように実際のPhotoshopではない」と、ソフトウェアをベータテストした人は述ました
また他のテスターは、「デスクトップPhotoshopコードに基づいていることは理解していますが、今はそう感じることはなくアプリを「初歩的」と呼び、現在の状態では、iPad上のProcreateやアフィニティのような他のアプリに劣っている」と言いました

スポンサーリンク


デスクトップアプリの一部の主要機能は、発売時にiPadの対応から欠落しますが、Adobeは時間の経過とともにiPad上のソフトウェアの機能を強化することを約束しています

ロサンゼルスで11月上旬に開催される毎年恒例のクリエイティブソフトウェアカンファレンス、Maxでアプリの発売の公式アップデートを提供します

Adobe のクリエイティブ クラウド部門の最高製品責任者である Scott Belsky 氏によると、このアプリは今年末までに一般公開される予定だという

iPadアプリはタッチ入力用に再設計されており、ユーザーはネイティブPSDファイルの編集、使い慣れたレイヤーパネルへのアクセス、Photoshopの強力な画像編集ツールなどを使用できます

また、すべてがAdobeクラウドを介して同期されるため、人々はデスクトップ上のプロジェクトで作業を開始し、iPadで中断したところから作業を続行し、その逆も可能です

(Via iDownload Blog.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)