2018 iPadの分解、内部の接着剤が膠着しているため、修理不能

2018 iPadの分解、内部の接着剤が膠着しているため、修理不能

Appleの2018 iPadの内部構造は、2017モデルととても似ています

iFixitの分解レポートは、スクリーンが積層されていないため、液晶ディスプレイの修理がProモデルより安価であることを強調していますが、内部部品を固定するために接着剤を広範囲に使用するため、アフターマーケットサービスはまだ困難です

2018 iPadで使用されているA10 Fusionチップは、iPhone 7シリーズの携帯電話に見られるものと同じで、2GBのRAMを搭載しています

このiPadの新しいApple Pencilのサポートは、iPad Proモデルで以前に見られたBroadcomのタッチスクリーンコントローラからのものと思われます

去年のエントリーレベルのiPadのように、LCDディスプレイはカバーガラスとは別物です、iPadを落としてカバーガラスにひびが入った場合は、ディスプレイアセンブリとデジタイザ全体を交換することなくガラスを交換することができます

スポンサーリンク


一般的に、このデバイスは主に前世代のモデルのカーボンコピーであるため、分解は目新しくはありません、 iFixitは、Appleが強力な接着剤を使用し続けてiPad内のすべてを適切に保つことを嘆いています

これらの接着剤は、デバイスを開けるときに加熱して破損しなければならず、修復は難しいです

12.9インチのiPad Proは、バッテリーを押さえるために接着剤ではなくプルタブを使用しています、これは、他のモデルには浸透していないデザインの選択です
iPadにタブが付いていれば、はるかに高い修理可能性スコアを得ているはずです

画像元:9to5Mac
(Via 9to5Mac.)










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)