Apple と TSMCは、Apple Watch 用MicroLEDディスプレイを今年後半に量産を開始予定

Apple と TSMCは、Apple Watch 用MicroLEDディスプレイを今年後半に量産を開始予定

MicroLEDパネルの開発に関するAppleの作業は、TSMCと提携して、Apple Watchと噂のAR着用型デバイス用の小型パネルを製造する可能性があり、今年後半に開始する予定です

Digitimesのリサーチアナリスト、Luke Lin氏は、台湾の半導体製造会社(TSMC)がAppleの代わりに小型のMicroLEDパネルを製造すると発表しました
Lin氏は、シリコンベースのバックプレーンで製造されており、パートナーシップで生産されたより小さいパネルの2つの異なるサイズが存在することを示唆するサプライチェーン情報を挙げています

1.3インチ~1.4インチのパネルは、将来のApple Watchモデル用に製作される予定であり、第2の0.7インチ~0.8インチのバージョンは、長らく噂されているARヘッドセットの「AR着用型装置」に使用されます

スポンサーリンク


Lin氏によると、Appleは、最初にApple Watchの将来のプレミアムモデルでMicroLEDパネルを使用する予定です
生産コストは、同じサイズの既存のOLED Apple Watchパネルを製造するよりも400〜600%高く、エントリーレベルのモデルでの使用はありません

TFTベースのバックプレーンを備えたより大きなMicroLEDパネルも予定されていますが、Appleがどの会社と提携するかは不明です、Lin氏は、より大きなパネルは、MacBookで使用されているものよりもはるかに大きな画面を持つデバイスで使用する予定であると主張し、iMacとiMac Proを使用する可能性を示唆しています

小さなパネルは2018年の後半に大量生産に入る可能性もありますが、2019年になる可能性もあります
大パネルは2019年以降に量産される可能性があると言い、想定されるARヘッドセットのためのより小さいサイズのパネルは、どうやら大量生産のスケジュールが設定されていないようです

MicroLED技術は、より薄いパッケージで、現代のOLED同等物よりも明るく低消費電力のディスプレイを製造できることは明らかでです

今年3月初めには、AppleがMicroLED技術を開発するためにApple Parkから15分ほど離れた秘密のエンジニアリングと製造施設を設立したと報じられています

(Via appleinsider.)

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter で酔いどれをフォローしよう!










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)