噂の14インチiPadは結局iPad Proではない可能性も

噂の14インチiPadは結局iPad Proではない可能性も

ディスプレイアナリストのRoss Young氏は、14.1インチiPad Proのうわさを否定し、この大型タブレットは、ProMotionテクノロジーやmini-LEDディスプレイを搭載しない低価格iPadモデルになると述べました

当初、Young氏とDisplay Supply Chain Consultants (DSCC) によると、新しいタブレットは14.1インチのディスプレイとM2チップを搭載したiPad Proモデルになると語っていました、Young氏はサプライチェーンの情報筋とさらに話し合い、この予測を更新しました

スーパーフォロワーへのツイートで、Young氏は、このデバイスは結局mini-LEDバックライトを搭載せず、代わりに通常のLEDエッジライティングに依存するだろうと述べています、同様に、ProMotionも搭載されないだろうと述べています

iPadにはProレベルの機能がいくつか搭載されないという事実にもかかわらず、Young氏はそれでもi近づいていると言っています

同アナリストはパネルおよびLEDサプライヤーの話として、14.1インチタブレットは2023年第1四半期に登場する可能性があると分析しています

スポンサーリンク


このデバイスにiPad Proの機能が欠けている理由については、Young氏は、2022年には14インチパネルの価格が10インチパネルとあまり変わらなくなると説明しています

そのため、mini-LEDバックライトでは実現不可能な、より低価格帯を実現できる可能性が有ると言います

14.1インチiPadが2023年に登場するというタイムラインは、実は現在のiPad Proの予測と一致しています、Bloombergによると、Appleはまだ秋に11インチiPad Proと12.9インチiPad Proをリフレッシュすることを計画しているようです

(Via Appleinsider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)