iOS 15.2のアップデート内容と正式版のリリース日は?

iOS 15.2のアップデート内容と正式版のリリース日は?

iOS 15.2

iOS 15.2では、「自分を探す」に「自分を追跡できるアイテム」オプションが追加され、メッセージのペアレンタルコントロール、緊急通報の新しい方法、デジタルレガシー機能が搭載されています

iOS 15.2のリリース日

Appleは、iOS 15がリリースされた翌日の9月21日に、iOS 15.1への取り組みを開始しました、iOS 15.1のアップデートが正式にリリースされたのは、それから約1か月後の10月25日でした

その数日後に、iOS 15.2の最初のベータ版をリリースしました

AppleはiOS 15.2のアップデートに少し時間をかけていますが、12月2日にiOS 15.2 beta 4がリリースされ、最終バージョンは、おそらく今週にもリリースされる予定です

通常であれば、最終ベータバージョンの翌週に正式版がリリースされます

AppleはiOS 15.2が登場する前に、問題を修正するための暫定的なアップデートをリリースする可能性があります、Appleは9月と10月にiOS 15.0.1と15.0.2をリリースしましたが、その間にiOS 15.2のベータ版を作成していました


スポンサーリンク

iOS 15.2では?

iOS 15.2のアップデートでは、Appleはバグに対処し、iOS 15にまだ搭載されていない以前に発表された機能をいくつか追加できるはずです

次のiOS 15へのアップデートで搭載される新機能について、すでにわかっていることは

カメラアプリに新しいマクロスイッチ

iOS 15.1でAppleは、iPhone 13モデルの設定に、マクロモードを自動的に有効にするスイッチを追加しました

iOS 15.2では、この機能の柔軟性がさらに高まります、カメラアプリに新しいボタンが追加され、これを使って手動でマクロモードを起動することができるようになります

そうすると、設定で自動マクロモードをオフにしている場合のみモチーフにごく近い距離まで近づくと、アプリ内に花をモチーフにした小さなマークが表示されます

ミュージックアプリでプレイリストを検索

iOS 15.2 beta 3では、プレイリスト内の曲、アーティスト、アルバムを検索する機能が追加されました、これまではリストをスクロールすることしかできず、プレイリストが長い場合にはフラストレーションが溜まりました

ミュージックアプリには、ユーザーが自分の曲をストリーミングすると、プロセッサの使用率が上昇し、バッテリーを消費する既知のエラーがありますが、Appleが修正に取り組んでいることが期待されています

リマインダーのタグをまとめて編集

リマインダーアプリでは、複数のタグを一度に編集・削除できるようになります

匿名でのメール送信

iCloud+に登録している場合、アップデートされたメールアプリでは、自分のメールアドレスを匿名の文字と数字の組み合わせで隠すことができるようになり、エイリアスとして使用できるようになります、この機能を利用するには、メール送信時に「From」フィールドをタップする必要があります

iCloudプライベートリレー

iCloudプライベートリレーの設定は、設定のApple ID部門だけでなく、Wi-FiとCellularにも表示されます、また、プライベートリレーでNetサーフィンする際に、自分のIPアドレスを隠すこともできます

これまで、このコントローラーは「プライベートリレー」というやや誤解を招きやすい名称だったため、新規ユーザーが混乱する可能性がありました

スポンサーリンク

ユーザーを追跡している可能性のあるデバイスをスキャン

紛失したAirTagを見つけても、誰かがそれを使って自分を追跡しているかもしれないと心配するなら、iOS 15.1の「探す」アプリを使って追跡を無効にすることができますが、これには実際にAirTagsを見つける必要があります

iOS 15.2では、身の回りにある「追跡可能なアイテム」を実際にスキャンできるようになり、疑わしいものを見つけた場合は、追跡機能を無効にすることができます

iOS 15.2には、紛失した製品を返却するためにデバイスの所有者に連絡する方法を説明する新しい「紛失したアイテムの返却を支援する」オプションも追加されます

故人のアカウントへのアクセス

iOS 15.2では、亡くなったときに自分のアカウントへのアクセスを許可する人を指定できるようになります

この新機能は「デジタル遺産プログラム」と呼ばれ、親族や友人がデジタル写真やその他の個人的なコンテンツにアクセスすることが非常に容易になり、多くの人がそのありがたみを知ることになります

Facebook、Twitter、Googleも同様のソリューションをすでに導入しており、Appleはこの問題に注目した最初の企業ではありません

また、パスワードを忘れてしまった場合に、アカウントへのアクセスをサポートする人を指定することもできます、この機能は「アカウント復旧用の連絡先」と呼ばれていて、信頼できる人を1人以上選ぶことが出来ます

アプリのプライバシーレポート

iOS 15の新機能の一つに、どのアプリケーションが個人データを収集しているかを確認できる機能がありますが、これはデフォルトではオンになっていません

「設定」>「プライバシー」に移動する必要があります、設定が完了すると、「アプリのプライバシーレポート」オプションにアクセスできるようになりますが、これが表示されていない場合は、「プライバシー」>「Appのアクティビティを記録」で、スライダーを有効に切り替える必要があります

iPhoneがこの情報を記録しているので、「Appアクティビティを記録」をタップすると、アクティビティの詳細を記録した文書を作成できます

iOS 15.2では、この情報をより簡単に入手できるようになります、「設定」の「プライバシー」セクションに、新しい「アプリのプライバシーレポート」があります

「設定」>「プライバシー」>「Appプライバシーレポート」で「Appプライバシーレポートをオンにする」を選択します

どのアプリがどのようにiPhoneのデータを使用しているか、その頻度をまとめて見ることができます、ユーザーは、どのアプリがスマートフォンのデータを読み取っているか、どのセンサーにアクセスしているか、アプリがオンラインになる頻度を知ることができます、少なくとも一度はアプリが使用されたことがある場合のみ、この評価に表示されます

スポンサーリンク

新しいSOS手順

iOS 15以前のバージョンでは、サイドボタンを5回連続して押すことで、緊急電話をかけることができます

緊急電話をかけるもう1つの方法は、もう少し複雑で、iPhoneでスクリーンショットを撮る方法にとても似ています、サイドボタンを押したまま、しばらく音量ボタンを同時に押すことでもできます

iOS 15.2では、サイドボタンと音量ボタンの方法をオフにする選択ができるようです

Appleはまたカウントダウンタイマーを現在、通話が発信される前に8秒間のカウントダウンが表示されますが、8秒を1秒に変更し緊急電話がかけられようとしているという警告が表示され、電話をキャンセルできるようになります

メッセージアプリでの不正使用の警告

Appleは、iOSやその他のシステムでの児童虐待に対するいくつかの措置を実施すると発表しました、 iOS 15.2では、これらの革新の一部が導入されます

親は子どもを虐待から守るためのコントロールを設定できるようになります、これにより、疑わしい画像はぼかして表示され、同意が得られた場合にのみ完全に読み込まれるようになります

親は、子どもがメッセージアプリで気になる画像を受け取ったという通知を受け取ります











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)