Apple AirTag、車泥棒はAirTagを使用して高級車を追跡し盗む、自分自身で守る方法は

Apple AirTag、車泥棒はAirTagを使用して高級車を追跡し盗む、自分自身で守る方法は

犯罪者がAppleのAirTagを悪用する方法は、ストーカー行為だけではないようです。カナダの警察機関からの新しいレポートによると、窃盗犯もAirTagを使用して車を盗んでいます

ニューヨーク地方警察のニュースリリースで概説されているように、捜査員は、AirTagの位置追跡機能を利用したハイエンド車両を追跡し、盗むために窃盗犯によって使用されている新しい方法を特定しました

モールの駐車場などの公共の場所で車に侵入するのは難しいため、泥棒は対象の車両にAirTagを配置し、それを使用して車を所有者の住居まで追跡し、私道から車を盗むことができます

車を盗む方法はほとんど従来型ですが、AirTagの目的は、ハイエンドの車を被害者の自宅まで追跡し、そこから車を盗むことです

2021年9月以降、ヨーク州の警察官だけでも、容疑者が高級車の窃盗にAirTagを使用した5つの事件を捜査しています

泥棒は、公共の場所や駐車場で見つけた特に価値のある車を狙い、車の所有者に発見されないことを期待して、牽引用のヒッチや燃料キャップなど、目立たない場所にAirTagを設置します

これまでにAirTagと直接関連した盗難事件は5件にとどまっていますが、過去1年間に地域全体で2,000台以上の車両が盗まれており、この問題は世界中の他の地方や国にも広がっていく可能性があります

また、この問題は、世界の他の地域や国でも発生している可能性があります、警察は、今後、AirTagがより広範に使用され、車両盗難の件数が増加することを懸念しています

これらの事件がどのように明らかになったのかを説明していませんが、AirTagは車両の所有者によって発見され、泥棒が侵入する前に警察に報告された可能性があります

スポンサーリンク

自分自身で守る方法

AirTagは、ペアリングしたiPhoneから数時間離れると警告音が鳴りますが、今回のような事態を防ぐことはできない可能性が高いです

ヨーク地方警察が公開した写真によると、自動車窃盗犯はエアタグをリアバンパーのような、運転手に聞こえにくい場所に隠しているといいます

iPhoneユーザーは、未知のAirTagが自分と一緒に移動しているのが見つかると、警告が表示され、その場所を特定して無効にするための指示が表示されます

また、iOS 15.2ではさらに改善されると予想され、近くにある未知のAirTagを積極的にスキャンするオプションが提供されるため、歓迎されないAirTagがバッグや車のどこかに隠されているかどうかを知るために通知を待つ必要がなくなります

なお、この未知のエアタグの通知は、iOS 14.5以降を使用している場合にのみ表示されますので、iPhoneを最新の状態にしておくことが重要です

残念ながら、これらの安全対策はAndroidユーザーには少なくとも今のところは適用されません

Appleは、Android用のAirTagアプリを開発中としていますが、Android OSに組み込まれる可能性は低く、Google Play Storeからインストールするであろう人にしか役に立ちません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)