iOS 14.3でショートカットのカスタムアプリのアイコンについて気になる部分を修正

iOS 14.3でショートカットのカスタムアプリのアイコンについて気になる部分を修正

Appleは昨日、開発者とBetaソフトウェアプログラムのメンバーにiOS 14.3 beta 2をリリースしましたが、これでiOSでホーム画面のショートカットがどのように動作するかを変更しました

iOS 13以降、ショートカットアプリを使ってiPhoneのホーム画面アプリのアイコンをカスタマイズできるようになりました、iOS 14では、アプリのアイコンをホーム画面から隠すことができるようになりました

しかし、ショートカットでカスタムアプリのアイコンを作成する際には、以前から問題があったし、今でも問題がありました

実際にアプリの実物のアイコンを変更しているわけではなく、代わりに「ブックマーク」を作成します、これは、iOSに実際のアプリを起動するように指示する偽のアプリで、デスクトップコンピューターのエイリアスのようなものです

​問題の2つ目は、実際のアプリのアイコンを変更していないことで、​アプリに見せかけたブックマークをタップすると、iOSはまずショートカットアプリを開き、次にリンク先のアプリを開きます、​控えめに言っても、これはあまりスムーズな移行とは言えません

スポンサーリンク


しかしiOS 14.3でAppleはそれを変更しました、​14.3 beta 2では、ショートカットで作成したブックマークをタップするとアプリにジャンプし、邪魔にならないバナー通知を表示してショートカットが機能したことを知らせてくれます、全体的に高速でシームレスです

Giphy

今、Siri経由で同じショートカットを実行しても、接続しているアプリに画面を渡す前に、ショートカットアプリが短く表示されるので、Siriのためのより高速な、よりシームレスな移行を期待したいです

一部のアプリでは、ユーザーが選択可能なアイコンから選択できるようになっていますが、その数は非常に少ないです、​さらに、開発者が使用したいアイコンからしか選択できないため、制限があります

(Via Gaget Hacks.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)