M1 Mac miniの分解から、より小さなロジックボードとハンダ付けされたRAMが明らかになる

M1 Mac miniの分解から、より小さなロジックボードとハンダ付けされたRAMが明らかになる

Mac miniの最初のティアダウンの1つと思われるものは、従来のIntelロジックボードよりもはるかに少ないスペースを必要とするM1アセンブリであることを明らかにしています

プレオーダーを開始してから約1週間後、Apple Siliconチップを搭載した新しいMac miniの出荷が始まっています、その出荷を受けて、YouTuberのBrandon Geekabit氏がデバイスの最初の分解を公開しています

M 1 Mac miniを分解することは、以前のバージョンを分解することとほとんど同じであり、主な違いは、M1ボードの方が場所を取らないという事実で、サイズの違いは、M1 Mac miniがIntelの前身機と同じ筐体を共有していることから、さらに明らかです


スポンサーリンク


M1チップは初期のベンチマークでは信じられないほど良い結果を出していますが、新しいデバイスとのトレードオフもあります、​Mac miniの場合、AppleはThunderboltポートの数を半分に減らし、Gigabit Ethernetはもはやアップグレードオプションではなくなりました

さらに、RAMとSSDはM1マザーボードにはんだ付けされているため、Mac miniのメモリはユーザーがアップグレードすることができません

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)