iOS 14とiPadOS 14、iCloud Keychainがパスワード漏洩を警告

iOS 14とiPadOS 14、iCloud Keychainがパスワード漏洩を警告

iOS 14とiPadOS 14はiCloud Keychainに重要な拡張をもたらしています、Appleは、パスワードに関するより有用な情報にユーザーがアクセスできるように改良を加えました

iCloud Keychainに馴染みがない人は、iCloudを通じてさまざまなウェブサイトやアプリのすべてのパスワードを保存し、同期します

ユーザーはiPhoneやiPadで「設定」アプリを開き、「パスワード」メニューをタップすることで、iCloud Keychainにアクセスすることができます

一部はすでにiOS 13に存在していましたが、iOS 14ほど顕著ではありませんでした

iOS 14でiCloud Keychainが提供するセキュリティアラートの例を紹介します

  • 多くの人がこのパスワードを使用しているため、推測が容易です。
  • このパスワードは簡単に推測できます。
  • パスワードを直ぐに変更した方がよいでしょう。
  • このパスワードは、その他Webサイトで再使用されています。その他のアカウントが危険にさらされた場合、このアカウントに対するきけんせいも上昇します
  • このパスワードは「123」という連番を使用しています。共通パターンを使うことで、パスワードが推測しやすくなります

特に新しいアラートがありますが、これもユーザーにとって最も重要なものの一つです、Appleによると、iCloud Keychainは現在、パスワードがデータ侵害に関与しているかどうかを検証しています

IOS 14 iCloud Keychain 00002 z

これは、すぐにパスワードを変更できるようにするだけでなく、繰り返し使用したり、似たようなパスワードを使用したりした場合に、他のアカウントが影響を受ける可能性があることを認識するためにも重要なことです

スポンサーリンク


macOS Big Surにもあるこの機能についてAppleは次のように説明しています

Safariはあなたの保存したパスワードを安全に監視し、データ漏洩に関与した可能性のあるパスワードを自動的に監視します。
これを実現するために、Safariは強力な暗号化技術を使って、Appleにもパスワード情報を漏らさない安全でプライベートな方法で、漏洩したパスワードのリストとあなたのパスワードの派生を定期的にチェックしています。
Safariが違反を発見した場合は、Appleと一緒にサインインできるようにアップグレードしたり、新しい安全なパスワードを自動的に生成したりすることができます

iCloud Keychainの改善に加えて、Appleは、人気のあるウェブサイトと互換性のある強力なパスワードを開発者がサポートできるようにするためのオープンソースプロジェクトを発表しました

また、Web認証APIを通じて、SafariでのTouch IDとFace IDのサポートを追加するとしています

(Via .)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)