次期 macOS 11.0 Big Surの85以上の機能と変更点のハンズオンビデオが公開

次期 macOS 11.0 Big Surの85以上の機能と変更点のハンズオンビデオが公開

9to5Macが、次期 macOS 11.0 Big Surのハンズオンビデオを約36分にして公開しています

UIの変更

最大の変更点は、Finderやメモ、リマインダー、音楽などのアプリ内にあるフルハイトのサイドバーです。新しいサイドバーのデザインは、お気に入りのアプリ内で頻繁に使用する要素のためのより多くのスペースを提供します

もう1つの大きな変更はUIシンボルで、アプリの見た目をより一貫性のあるものにします、この最初のベータ版では完全に統一されているわけではありませんが、将来のベータ版ではmacOSの新しいデザイン言語に沿ったアプリやユーティリティが提供され続けるのではないでしょうか

新しいフローティング半透明のドックと半透明のメニューバー以外で、最も目に付く変化はアプリケーションのアイコンです、アプリケーションのアイコンの多くは、独特なテクスチャやMacライクなデザイン要素を特徴としていますが、アップデートされた丸みを帯びた長方形のアイコンは、間違いなくiOSの影響を受けています

MacOS Big Sur New and change 00001 z

アップデートされたサウンドエフェクトは、典型的なmacOSのサウンドに飽きてしまっている私たちにとって新鮮な息吹です、新しいサウンドは新しいUIを補完するもので、より軽快で軽やかなものになっています、また、Appleが数年前に無効にしていた素晴らしいスタートアップサウンドが復活し、システム環境設定の「サウンド」で切り替えることができます

スポンサーリンク

Safari

macOS Big Surでは、Safariがさらに高速化され、電力効率が向上しています

Appleは、頻繁に閲覧されるページの読み込みが競合ブラウザよりも最大50%速くなり、ユーザーはビデオのストリーミングを最大3時間、ウェブの閲覧を最大1時間長くすることができると指摘しています

SafariはMacユーザーにとって常に最も効率的なブラウザだったので、これらの変更は驚くべきことではありません

タブの改善

Big Sur の Safari は、たくさんのタブを管理する際のユーザーエクスペリエンスにも力を入れています、タブ上のファビコンがデフォルトで有効になり、開いているタブがたくさんある場合、ファビコンはそれらを素早く識別するのに役立つツールになります

MacOS Big Sur New and change 00002 z

Safariの最新バージョンで新しくなったのは、ウェブサイトのプレビューでタブにカーソルを合わせると、そのタブに含まれている内容のクイックプレビューを見ることができます

翻訳

iOS 14にあるようなネイティブ翻訳ユーティリティがSafariに組み込まれています、数年前までは、Safariに内蔵された翻訳ツールがないため、時々Chromeを使っていましたが、macOS Big Surのおかげで、Googleのブラウザを使う理由が一つ減ります

カスタムスタートページ

新しいカスタムスタートページがあり、背景画像、プライバシーレポート、iCloudタブ、頻繁に訪れるサイト、リーディングリストなどを追加することができます

スポンサーリンク

Mac Catalystがその価値を発揮

macOS Big Surでは、メッセージとマップの2つのMac Catalystネイティブアプリが追加されました

これらのアプリはiPad版をベースにしていますが、機能面ではmacOS Catalinaにあったメッセージとマップアプリよりも大幅に改善されていて、マップとメッセージの両方がiOSとほぼ同等の機能を持つようになりました

強化された機能は、マップでストリートビューのようなルックアラウンド機能を、ガイドの使用、屋内マップへのアクセスなどが可能になりました

MacOS Big Sur New and change 00003 z

メッセージでは、Memojiステッカーの使用、GIFアニメーションの挿入、メッセージエフェクトの使用、インライン返信、ピン留めされたメッセージ、グループ名の変更などの機能が追加され、さらに便利になっています

コントロールセンター

コントロールセンターのmacOSへの実装が、Big Surでも行われ、従来のmacOSメニューバーと密接に結びついています

コントロールセンターは、iOS版と同様に、ユーザーが共通のエリア内で多くのシステム機能をコントロールすることができます

Macユーザーは、音量、画面の明るさ、キーボードのバックライト、Bluetooth、Wi-Fiなどの機能を、Big Surのコントロールセンターから直接制御できるようになります

コントロールセンターのブロックからメニューバーに直接要素をドラッグすれば、ショートカットに素早くアクセスできます、残念ながら、AirPlay 2はコントロールセンターの初期バージョンにはまだ実装されておらず、奇妙な点もあります

macOS Big Surのベータ版のライフサイクルの間にコントロールセンターに多くの改善点がもたらされることが期待されます

通知センター

macOSの通知センターが改良され、通知とウィジェットがページインターフェースに統合されました、以前のバージョンのmacOSと同様に、通知とウィジェットは画面の右側からアクセスでき、通知はインターフェイスの上部に表示され、ウィジェットはそのすぐ下に配置されています

グループ化された通知

MacOS Big Sur New and change 00005 z
Big Surでは、グループ化された通知が登場しました、同じソースからの通知の長いリストに不必要にさらされることはもうありません、グループ化された通知は、システム環境設定で切り替えることができます

カスタマイズ可能なウィジェット

ウィジェットはiOS 14のものと似ていて、サイズは3種類あり、ウィジェットのエリア内でドラッグできます

残念なことに、ウィジェットはこの領域に追いやられており、デスクトップに移動することができません、また、ニュースやSiriの提案のようなウィジェットもありません

これらは、これはmacOS 11.0 Big Surの新機能のほんの一部です











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)