iPhone用iOS 14の新機能と変更点、その6 マップの新機能

iPhone用iOS 14の新機能と変更点、その6 マップの新機能

iPhone向けの新しいiOS 14がこの秋に登場します

170以上の新機能と変更点があります、主なものには「ウィジェットの改善」「ホーム画面のカスタマイズの改善」「エキサイティングなメッセージの改善」「カメラと写真の新機能」などがあります

現在開発者には、Developer Beta版がリリースされ、7月にはpublicベータ版もリリースされる予定です

対応デバイス

iOS 13をサポートするすべてのiPhoneモデルは、iOS 14もサポートします

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE (1st generation)
  • iPhone SE (2nd generation)
  • iPod touch (7th generation)

スポンサーリンク

マップの新機能

iOS 14は特に自転車や電気自動車での利用に関してのアップデートがあります
IOS Maps 00003 z

1. サイクリングルート

IOS Maps 00004 z
ナビゲーションのためのドライブ、徒歩、交通機関、乗り物の案内に加えて、自転車用の案内が追加されています

「サイクリング」タブを選択すると、自転車レーン、自転車道、脇道、自転車に優しい道に沿ったナビゲーションが表示されます、また、大都市では一般的な歩行が必要かどうか、歩行者が道を共有しているかどうかも教えてくれます

現在、アメリカでサイクリングの目的地はロサンゼルス、ニューヨーク、サンフランシスコのベイエリアに限られています

IOS Maps 00011 z

2. サイクリングルートの標高表示

サイクリングガイドには、各ルートの標高差が表示されています、そうすれば、どのルートが自分の体力レベルに合っているかがわかります

IOS Maps 00012 z

3. 道路の混雑具合

交通量がかなり少ないルートであれば、各旅行の定期的な時間インジケーターが表示され、所要時間を知らせてくれます、しかし、交通量の多い道路がある場合は、その旨が表示され、どちらの道が速く、どちらがアクティブでないかを推奨してくれます

IOS Maps 00013 z

4. 階段、坂、交通量の多い道をスキップできるサイクリングルート

IOS Maps 00005 z
自転車を持って登ったり降りたりしなければならない階段、登りにくい坂道や急な坂道、車に轢かれる可能性が高い交通量の多い道路を避けたい場合は、これらの項目があるルートを避けるようにMapsに依頼することができます

すべての怪談、急な坂道、または交通量の多い道路を避けることはできないかもしれませんが、それを避けようとします

スポンサーリンク

5. Apple Watchにカスタムサイクリング音声ガイダンスが登場

Appleによると、「マップはカスタムサイクリングの音声ガイドも提供しており、Apple Watch上では一目で簡単にナビゲートできる豊富な経験を提供している」とのことで、Apple Watchを持っていれば、かなりの改善になるかもしれません

6. おすすめの最新ガイドを紹介

Appleは、信頼できるブランドと協力して、Mapsで直接観光事業「ガイド」を展開している。これらのガイドは、食事をするための美味しい場所、買い物をする場所、街で訪れるための公園、友達と会うための場所、地域でハイキングするための道、その他の探検的なテーマなど、何でもあります

ガイドは保存することができ、新しい場所が追加されると自動的に更新されますが、ただし、サンフランシスコ、ニューヨーク、ロンドン、ロサンゼルスでしか利用できません

IOS Maps 00015 z

7. 渋滞ゾーンを確認して回避できる

Appleはヨーロッパ中の多くの都市で、密集した地域での交通量を減らすのに役立つ混雑ゾーンを表示することを計画しており、ロンドンやパリのような都市で利用ができます

8. 適切な充電ステーションを見つけるための電気自動車のルーティング

IOS Maps 00006 z
電気自動車を所有する上での問題点として、旅行中にいつどこで充電できるかわからないということがあります、そのため、電気自動車を持っている人の多くは、自分の住んでいる街から遠くに出かけることはありません

Apple Mapsを使えば、EVルーティング機能を使って、安全圏外への遠出の計画を立てることができます

IOS Maps 00007 z
iPhoneに自分の車のメーカーとモデルを追加します、そうすれば、旅のルートを決めるときに、自分の車にぴったりの充電ステーションが道中に表示されるので、どこに立ち寄ればいいのかがわかります、さらに、到着予定時刻を決定する際に充電時間を計算し、現在の充電レベルを表示します

現在、AppleはBMWとFordと協力していますが、今後数ヶ月の間にもっと多くのメーカーが参入してくるはずです

スポンサーリンク

9. 都市部の位置情報と方位情報をより正確に表示

ビルや高層ビルが密集している都市では、GPS信号が常に最適であるとは限りません、残念ながら、マップが混乱して、間違った方向や方向を表示してしまいます

iOS 14では、GPS信号が弱い都市部でも、より正確な位置情報と方位情報を得ることができます

10. 前方のスピードカメラと信号機を検出

マップは、ナビゲートしているときに不必要な交通違反切符を取得しないようにしたいと考えています

ナビゲート中は、スピードカメラや信号機が近づいてきたことを知らせてくれます、そうすれば、スピードを落としたり、もっと注意して運転したり、交差点を確認することができます

現在のマップ上の個々のカメラや信号機を表示することもできます

11. 新しいマップアプリは他の国でも利用可能

米国では2020年の初めから、新しい改良されたMapsがあり、iOS 14では、カナダ、アイルランド、英国を含む、より多くの国が新しいルックアンドフィールを手に入れ始めています











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)