watchOS 7ではApple Watch上でショートカットをローカルで実行できる

watchOS 7ではApple Watch上でショートカットをローカルで実行できる

Apple Watchのユーザーは、watchOS 7が今秋リリースされれば、iPhoneを接続しなくてもデバイス上でショートカットを実行できるようになり、機能はiOS以外にも大幅に拡大されることになります

Apple Watch上のShortcutsは、Apple Musicのプレイリストの実行、HomeKitアプライアンスの制御、Siriのプロセスのリクエストなど、複雑なアクションを1回タップするだけで実行できる強力なトリガーを提供することを約束しています

これらの機能の多くは、watchOS 7で初めてAppleのウェアラブルに搭載される予定です

watchOSのSiri Shortcutsサポートは月曜日に発表されましたが、Appleはこの機能がどのように機能するのか詳細を明らかにしませんでした

具体的には、ショートカットがApple Watchでスタンドアロンのネイティブアクションとして利用可能になるのか、iPhoneにテザリングされた際にリモートトリガーとして利用可能になるのかは不明でした

スポンサーリンク


Appleは金曜日の開発者セッションでこの質問に答え、Apple WatchはiPhoneに接続しなくてもショートカットをローカルで実行できると述べました

ショートカット処理にはいくつかの要因があります

まず、ショートカットタイプを考慮します、アクションがNSUserActivityの場合、watchOS 7は、インストールされていれば実行されるホストアプリを探します

該当するアプリケーションがない場合は、エラーメッセージが表示されます、同様に、ショートカットのインテントはWatchではアプリの拡張機能を使ってローカルで、iPhoneではバックアップとしてリモートで処理されます

新しいショートカットアプリは、iCloud経由でiOS、iPadOS、watchOS間で同期されるショートカットのリストをユーザーに提供します、また、新しいサポートにより、文字版へのショートカットが専用のコンプリケーションとして提供されるようになりました

(Via Apple Insider.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)