iPhone用iOS 14の新機能と変更点、その7 ミュージックの新機能

iPhone用iOS 14の新機能と変更点、その7 ミュージックの新機能

iPhone向けの新しいiOS 14がこの秋に登場します

170以上の新機能と変更点があります、主なものには「ウィジェットの改善」「ホーム画面のカスタマイズの改善」「エキサイティングなメッセージの改善」「カメラと写真の新機能」などがあります

現在開発者には、Developer Beta版がリリースされ、7月にはpublicベータ版もリリースされる予定です

対応デバイス

iOS 13をサポートするすべてのiPhoneモデルは、iOS 14もサポートします

  • iPhone 11
  • iPhone 11 Pro
  • iPhone 11 Pro Max
  • iPhone XS
  • iPhone XS Max
  • iPhone XR
  • iPhone X
  • iPhone 8
  • iPhone 8 Plus
  • iPhone 7
  • iPhone 7 Plus
  • iPhone 6s
  • iPhone 6s Plus
  • iPhone SE (1st generation)
  • iPhone SE (2nd generation)
  • iPod touch (7th generation)

スポンサーリンク

ミュージックの新機能

1. 「For You」ではなく「今すぐ聴く」

「For You」タブは 「今すぐ聴く」に変更されました、これはApple Musicに加入している人だけに適用されるタブで、これまでと同じように、自分だけののホームページとして機能します

購読している場合、このタブは最初のタブとなり、「ライブラリ」は4番目に移動します、加入していない場合は、タブの順番は何も変わりません

名称の変更は、Apple Musicは、既に得意としているSpotifyに対抗するために、プレイリストや検索機能の面でついに競争力を高めようとしているからのようです

最よく聴いている音楽を集めた「おすすめ」や、キュレーションされたプレイリストなどが用意されています、さらに、自分がすでにフォローしているアーティストをベースにした「Station for You」もあり、Appleのカスタムミックスもあります

IOS 14 Music 00001 z

2. 自動再生機能でで音楽を再生

以前は、プレイリスト、アルバム、または次に再生にある曲を聴く時たとえ1曲でも、すべての曲が再生されると音楽は停止していました

今回のアップデートでは、 「Autoplay」 という機能が追加され、音楽の再生を続けて好きな曲を再生できるようになりました

残念ながら、これはApple Musicを聴いている場合にのみ適用され、自分の音楽ライブラリには適用されません

IOS 14 Music 00002 z

3. ジャンル、ムード、アクティビティリストをタップするだけでブラウズできる

Appの「検索」タブを開くと、Apple Musicで閲覧できるカテゴリのカードがグリッド状に表示されます、それらのほとんどはジャンルカードで、新しいアルバム、プレイリスト、トップヒットなどにすばやくアクセスできます

以前は、ジャンルを入力してからその方法で探すか、「ブラウズ」タブの「ジャンル」リンクを見つけなければなりませんでした

IOS 14 Music 00003 z

4. 検索タブは全体的に優れている

Apple Musicのコンテンツを検索すると、検索結果の候補と検索結果の候補がテキストで表示されるのではなく、まず検索結果の候補が表示され、次にアーティストやプレイリストなどの検索結果がアートワークとともに大きく表示されます

その後、検索候補をタップすると、検索結果のリストが表示され、トップにタブが表示されます

同様に、自分の音楽ライブラリを検索すると、プリセクションされていない検索結果の長いリストが表示されますリストを下にスワイプすると、「トップの検索結果」、「アーティスト」、「アルバム」、「曲」、「作曲家」のタブが表示されます

以前は、検索中に「Apple Music」タブと「あなたのライブラリ」タブを切り替えることができましたが、今回、これらのオプションはなくなっています、しかし、検索ボックスをタップするとオプションが表示されます

IOS 14 Music 00004 z

5. ライブラリを検索する方法は他にもある

「ライブラリ」タブには、プレイリスト、アーティスト、アルバム、楽曲、ジャンル、ダウンロードなどへのリンクがあり、それぞれタップしても同じように動作しますが、iOS 14では、そのセクションのコンテンツを「見つける」ための隠れた検索バーもあります

画面を下にスワイプするだけで表示されます

たとえば、「アーティスト」セクションでは、アーティスト名を検索できます、いずれかをタップすると、アルバムを名前で検索できます

ライブラリの多くの領域には、このような非表示の検索フィールドがあり、必要なものにドリルダウンするのに役立ちます

IOS 14 Music 00005 z

6. 「並べ替え」メニューは小さくて目立たない

iOS 13で「並べ替え」オプションがあるビューでは、タップすると画面下部にアクションシートがポップアップしましたが、iOS 14では「ソート」ボタンの横のウィンドウが小さくなりました

IOS 14 Music 00006 z

7. 再生中の背景がアートワークを引き立てる

「再生中」画面の背景色は、真っ白ではなく、アートワークを引き立たせます、音楽の再生に合わせてグラデーションが変化するという、従来のスタイルに比べれば間違いなく改善されています

IOS 14 Music 00007 z

8. 全体的なレイアウトの改善

アルバムを表示すると、アートワークは以前より大きくなり、中央の上部に配置され、アルバムの詳細がその下に表示されます、これまでは、アートワークは左上に配置され、詳細は右に配置されていました

また、「再生」ボタンと「ランダム再生」ボタンの背景は、グレーの背景に赤いテキストではなく、白いテキストの赤い背景になっています、ダウンロードボタンは現在、上部の省略符号メニューアイコンの横にあります

IOS 14 Music 00011 z

9. ミュージックウィジェットがより便利に

ミュージックは新しいウィジェットを搭載したアプリの一つです

以前は、アプリのアイコンを長押しすると、最近聴いたアルバムのウィジェットが表示され、今日ビューからも同じものを見ることができました

ウィジェットには3つのサイズがあり、1つは1つのアルバム、もう1つは5つのアルバム、そして最大のものは9つのアルバムが表示されます、また以前と違って、最近再生されたトップのアイテムのタイトルが表示されます

IOS 14 Music 00009 z

10. iTunesで購入したアイテムを自動的にダウンロードできる

以前は、iTunes Storeで音楽を購入すると必ず「ミュージック」アプリに表示されていましたが、オフラインで聴きたい場合は手動でダウンロードする必要がありました

iOS 14では、「設定」>「ミュージック」に新しい「自動的にダウンロード」スイッチが追加されたので、自分で設定する必要はありません

IOS 14 Music 00010 z











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)