iOS 14、バッテリーの経年劣化を抑えるためにAirPodsに最適化された充電機能が追加される

iOS 14、バッテリーの経年劣化を抑えるためにAirPodsに最適化された充電機能が追加される

Appleは、最適化されたバッテリ充電機能の拡張を続けています、iOS 14では、AirPodsは充電ルーチンから学習して、必要になるまで80%以上充電するのを待つ、とAppleは言っています

最適化されたバッテリー充電機能は、バッテリーの老化を抑え、AirPodsのバッテリーの全体的な寿命を延ばすことを目的としています、AppleがiOS 14の新しいプッシュ通知でこの機能を説明しています

iOS 14では、AirPodsをいつ、どのように充電するかを学習し、充電器から外して100%まで充電すると判断されるまで待ちます

Appleはここ数年、さまざまなプラットフォームにさまざまなバッテリ管理機能を提供してきました

iPhone上で、Appleはユーザーが自分のバッテリーの健康状態と容量を管理し、バッテリ容量の低下によるパフォーマンス調整を無効にすることができます

iOS 13では、iPhoneのバッテリー寿命を延ばして、バッテリー残量が100%になる頻度を減らすことを目的とした、最適化されたバッテリー充電機能が追加されています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)