Apple、iOS 14ベータコードでiPhoneとiPadのホーム画面ウィジェットが明らかに

Apple、iOS 14ベータコードでiPhoneとiPadのホーム画面ウィジェットが明らかに

AppleはiOS14の初期ビルドをベースに、iOS用の壁紙設定パネルのデザインを刷新していると言われています

TwitterユーザーのDongleBookProは、しばしばAppleの内部製品の画像を公開しているが、今日 iOS 14の新しい壁紙設定パネルのスクリーンショットを公開しました

これらのスクリーンショットは、9to5MacがiOS 14のコードで発見したものを裏付けており、デフォルトの壁紙はコレクションで区切られています

これには、「クラシックストライプ」、「アース&ムーン」、「花」が含まれ、より整理されて提供します

すべての壁紙を一緒に表示する代わりに、ユーザーは各コレクションをスクロールして特定の壁紙をより簡単に見つけることができるようになります

このスクリーンショットでは、Apple Watchアプリの文字盤設定に似た新しい「ホーム画面の外観」オプションも示されています

スポンサーリンク


この機能を有効にすると、ユーザーはホーム画面でのみ使用されるスマートで動的な壁紙を定義できるようになります、これらの動的な壁紙には、現在の壁紙を基にした単色、ぼやけた壁紙、およびダークバージョンが含まれます

この新しいオプション自体はクールに見えるが、iOS 14ではさらに大きな何かの一部になるかもしれません

9to5Macは、iOS 14のコードに、ホーム画面を制御するSpringboardアプリに関連する「Avocado」と内部で呼ばれる別の新機能の証拠を発見しました

AppleはiPhoneとiPadのホーム画面に初めて本物のウィジェットを提供しようとしていると言えます、iPadOS 13のようにウィジェットをピン留めするのではなく、iOS 14の新しいウィジェットは、他のアプリアイコンと同じように移動できます

ロック画面の背景写真と、フラットな、あるいはぼかされたバージョンをホーム画面に設定できるのは理にかなっています

(Via 9to5Mac.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)