Apple Music、2019年は世界第二位の音楽ストリーミングサービス

Apple Music、2019年は世界第二位の音楽ストリーミングサービス

Counterpoint Researchの最新の調査結果によると、グローバルなオンライン音楽ストリーミングのサブスクリプション契約者数は、前年比で32%増加し、2019年には3億5800万人に達しました

Spotifyは総収益の31%、有料購読の35%を占めて市場をリードし、Apple Musicは同業界の総収益の24%、有料購読の19%を占めて第二位で、前年同期比で36%増加しました

Spotifyは、3カ月間の無料での「Spotify Premium」 のようなプロモーション活動、値下げ、 「Spotify」のようなカスタマイズされたキャンペーン、独占コンテンツへの注力によって、首位の座を維持しました

Apple Musi 0404 00002 z

スポンサーリンク


Amazon、Apple、Googleなどの大手テクノロジ企業は、音楽ストリーミングに注力し始めており、Spotifyに厳しい競争をもたらすだけの十分な現金を保有しています

Apple Musicでは、ダークモードの導入、グループをターゲットにしたキュレーションされたプレイリストの作成など、アプリの改善を行っています

ストリーミング音楽の総売上の80%以上は有料サブスクリプションによるもので、残りは広告とブランドや通信事業者との提携によるものです

Counterpoint Researchによると、オンライン音楽ストリーミングの契約数は前年比25%以上増加し、2020年末までに4億5000万契約を超えるとみています

Appleは2019年6月に、同サービスの有料会員数が6,000万人に達したことを発表し、この数字は今ではかなり高くなっている可能性が高いですが、Appleは2020年の新規公式購読者数を公表していません

(Via MacRumors.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)