iOS 13 では、3D Touchはほとんど使われなくなる

iOS 13 では、3D Touchはほとんど使われなくなる

3D Touch

3D Touchが廃止されると言う噂がありましたが、それは正しかったようです

3D TouchはiOS 13 beta 1においては、ほとんど使われなくなっているようです

これは、このテクノロジーに関連する機能が消えてしまったのではなく、システムがもはや圧力を使用しないために、単純にタップで十分だと言うことです

このことは、iPhone XRで確認されたと言っています

たとえば、iPhoneのホーム画面では、アプリに関連付けられているクイックアクションでは、短い振動を感じるまで長時間タップする必要があります、指を離すとメニューが表示されます
IOS 13 3D Touch 00002 z
長いと実用的ではありません、Appleは次のbetaで次のような問題を解決すると考えています

長い間タップし続けると、アイコンが震えそしてアプリを削除するためにホームスクリーンの編集モードが有効になります

スポンサーリンク


「Peek and Pop」で、より大きな圧力で開くことなく、コンテンツを見ることができた 3D Touch機能、アイデアはiOS 13 で消えてはいませんが、圧力のレベルに依存することはありません

指をもう少し長く押すだけで、メール、メッセージでの会話、または写真をプレビューできます、ただし「Peek 」だけが残っていることに注意してください

IOS 13 3D Touch 00003 z

明らかに、もう少し長いタップでコンテンツをプレビューできますが、それ以上の圧力でコンテンツを開くことはできません

この新しいアプローチの利点は、3D Touchが欠けているiPhone XRを含むあらゆる場所で利用できることです

そしてiPadは、タブレットがHaptic Touchの恩恵を受けていない間に両方の機能を果たしているが、疑似3D TouchはiPhone XR用に作られました、当然ながらiPadでは触覚的なフィードバックはありません

3D Touchの利点は、iPhone上で3D Touchが完全に消えたわけではありません

カメラと懐中電灯のアイコン用の機能は、ロックされた画面に表示されたままです、また、iOS 13の仮想キーボードでもテキストフィールド内のカーソルを移動するために使用されます

iPhone XRでは、唯一のオプションはiOS 12以下のオプションと同じです、スペースバーに触れてから、しばらく時間を置いてカーソルを移動する必要があります

Appleはいずれにせよ3D Touchを取り除くことにしたようです、iOS 13では、iOSデバイスファミリがこの機能を完全に排除する準備ができています

(Via iGeneration.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)