iOS 13では、アプリケーションから場所を追跡できなくなる

iOS 13では、アプリケーションから場所を追跡できなくなる

プライベートデータの保護

iOS 13でおこなわれた変更の中でプライベートデータの保護は最も重要なものです

既定では、アプリは現在位置を継続的に追跡できなくなります、アプリケーションがバックグラウンドでユーザーを検索しようとすると、通知が送信されます

目標は明確です

正当な理由がない限り、どのアプリケーションからもあなたを追跡できないようにすることです

初めてアプリケーションを起動したときには、自分の位置情報にアクセスするためのアクセス許可をアプリケーションに与えることができますが、このアクセス許可は一時的なものになりました

アプリケーションがユーザーをフォローし続ける必要がある場合は、2回目の通知を受け取ります

スポンサーリンク


ナビゲーションアプリケーションがユーザーのデバイスのGPSチップにアクセスしなければならないことは理解できます

一部のアプリケーションは、ネットワークデータを利用しておおよその場所を特定することで、古い認証メッセージを回避しようとしていました

他のにも周囲の機器と接触するためにBluetoothチップを使っていましたが、それはユーザーの機器を追跡するためのリレーとして機能することができましたが、もはや可能ではありません

iOS 13では、アプリケーションがBluetoothチップを使用しようとするとすぐに警告が表示されます

もちろん、これらのクエリは正当なものであることが多いですが、 「頻繁に」 は 「常に」 という意味ではありません

(Via iGeneration.)











LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)