WWDCで発表されるAppleの次世代iOS 13の噂される機能のすべて

WWDCで発表されるAppleの次世代iOS 13の噂される機能のすべて

iOS 13

6月にWWDCで発表される予定のiOS 13は、iPhoneとiPad用のアップルの次期オペレーティングシステムです。噂されている機能には、ダークモード、iPadインターフェースのアップデート、そして新しいホームスクリーンがあります

期待される機能

  • iPhoneとiPadでホームスクリーンを再設計
  • ダークモード
  • CarPlayインターフェースを更新
  • iPadインターフェースのアップデート
  • 新しいマルチタスク機能
  • クロスプラットフォームアプリ

スポンサーリンク

噂の機能

ダークモード

Change iOS 13 00002
iOS 13には初めてダークモードが搭載されます
これはiOSユーザーがかなり以前から望んでいた機能です、ダークモードは、macOS Mojaveで最初に導入されたダークモードと一致し、「夜間の見やすさ」が向上します
今年のAppleのWWDCアートワークはより暗いテーマになっており、おそらくiOS 13で見ることができると思われる今後のダークモードを暗示しています

スリープモード

Appleはコントロールセンターで利用可能なスリープモードに取り組んでいます
スリープモードでは、着信拒否を切り替え、ロック画面を暗くし、すべての着信通知をミュートにします、時計アプリの「ベッドタイム」タブの改善も含まれます

iPadの調整

iOS 13のいくつかの機能はiPadに焦点を当てます
Appleは、タブビューを使用して単一のiPadアプリに複数のウィンドウを表示する機能を導入していると言われています


iOS 13では、マルチタスク処理の改善が行われています
iPadアプリでは、アプリ内で複数のウィンドウとスタック可能なカードをサポートできます、アプリには、最初は画面の一部に貼り付けられているシートが含まれていますが、ドラッグジェスチャーで切り離して操作可能なカードにすることができます


カードは互いの上に積み重ねることができ、深さ効果は上にカードを、下にカードを示す一方、カードを投げるとそれを終了します

新しいジェスチャー

iPadはテキスト入力のための新しい標準的な元に戻すジェスチャーを得ることが期待されており、それはユーザーがキーボード領域の3本の指のタップと左右のスライドを使って行動を元に戻すかやり直すことを可能にする


ユーザーがテーブルビューとコレクションビューで複数の項目を選択できる新しいジェスチャが追加され、MacのFinderでクリックしてドラッグするのと同じように、項目のリスト上で複数の指をドラッグして選択範囲を描画できるようになります

Volume HUD

iOS 13は新しいボリュームHUDを搭載すると噂されています

クロスプラットフォームのiOSとMacのアプリ

iOS 12とmacOS Mojaveを使用して、AppleはiOSアプリをMacに持ち込むための新しいフレームワークを導入しました
テストとして、Stocks、Home、Voice MemosなどのいくつかのiOS専用AppleアプリをmacOSに移植しました


iOS 13およびmacOS 10.15では、Appleはこの機能を開発者に拡張することを計画しています、これにより、iOSアプリケーションをMacへの移植用に調整しやすくなります

スポンサーリンク

アプリの変更と更新

  • メッセージ
  • メッセージアプリのアップデートにはWhatsAppスタイルの機能が含まれ、ユーザーはプロフィール写真と表示名を作成して、それを誰に表示するかを選択できます
    アニモジとメモジのステッカーのための専用メニューもあります

  • メール
  • メールアプリは、マーケティング、購入、旅行、「重要ではない」などの検索可能なカテゴリにメッセージを整理し、あとで読むためのキュー、特定の電子メールスレッドの着信メール通知をミュートするためのオプション、ブロックするためのツールもあります

  • 新しいiPhoneを探す
  • Appleは「友達を探す」と「iPhoneを探す」を一つに統合した新しいアプリを開発中で、これはiOS 13とmacOS 10.15でデビューする可能性があります
    このアプリには、Wi-Fiや携帯電話ネットワークに接続されていない場合でも、近くの他のデバイスを利用してAppleデバイスを追跡できるようにするための新しい「ネットワーク検索」機能が含まれます


    このアプリには、ロストモードなどの既存の「iPhoneを探す」機能や、デバイスをリモートで消去するオプションが含まれます、「友達を検索」から取得した場所に基づく共有オプションも引き続き利用できます


    Appleはまた、タイルのようなアイテムトラッカーと呼ばれる、関連するハードウェア製品にも取り組んでいると言われています

  • マップ
  • 更新されたMapsアプリには、自宅や職場の住所など、頻繁な場所の設定や移動を簡単にする機能が含まれます
    頻繁な場所もより効率的にグループ化され、写真をそれらに追加できるようになります

  • リマインダー
  • 新しいリマインダーアプリには、グリッドに配置された4つのデフォルトセクションがあり、今日終了するタスク、すべてのタスク、スケジュールされたタスク、およびフラグ付きタスクが含まれます

  • ブック
  • ブックアプリには、新しいプログレストラッカーと、より多くの読書を奨励するための報酬システムが含まれます

  • ホーム
  • ホームアプリは防犯カメラとよりよく統合され、サードパーティのアプリにアクセスする必要なしに過去の録画を見るための機能を提供するでしょう

  • ヘルスケア
  • ヘルスケアアプリは毎日の活動の見やすさと月経周期のより包括的な追跡を特徴とします
    。あなたの
    ヘッドフォンで音楽をどのくらい大音量で再生しているか、またはあなたの周りの周囲環境の音量を測定して、「聴力の健康」のセクションが含まれます

その他の新機能

  • スピードの向上とバグ修正
  • iOS 13は、iOS 12とよく似ており、デバイスの速度を向上させ、バグを減らすでしょう

  • キーボード
  • SwiftKeyのような新しいデフォルトのスワイプベースのキーボードが利用可能になるでしょう

  • フォント
  • iOS 13では、フォント管理が改善され、設定アプリで新しいフォント管理メニューが追加されます

  • 共有の更新
  • iOS 13では、写真やWebリンクを共有するための「共有シート」インターフェースがよりスマートになり、人々にコンテンツの送信先を提案するようになります

  • Safari
  • iPad上のiOS 13のSafariは必要に応じてデスクトップ版のWebサイトを自動的にロードします
    AppleはSafari用のダウンロードマネージャをテストしています

  • ライブフォト
  • Appleは、Live Photoに添付されるビデオの長さを2倍にし、3秒から6秒にする予定です

  • Siri
  • Hey Siriは、笑い声や泣いている赤ちゃんのような周囲の雑音を除去するようになる

  • スクリーンタイム
  • スクリーンタイムには、子供が特定の時間に連絡できるかどうかを制限する新しい機能が追加されます

  • インターフェースの更新
  • マルチタスクペインを起動してアプリを閉じると、新しいアニメーションが表示され、iPadのホーム画面にいくつかの変更が加えられます

  • ファイルアプリの刷新
  • 改良されたファイルアプリケーションがどのように見えるかについての詳細はほとんどありませんが、Appleはより良いサードパーティソフトウェアの統合など、新しい機能の開発に取り組んでいると言われています

  • 新しい絵文字
  • iOS 13がリリースされたときには新しい絵文字は使用できませんが、2019年後半のiOS 13アップデートでは、Appleが新しい文字を発表する予定です
    Unicodeコンソーシアムは、絵文字標準に追加される文字を完成させました、その中には、フラミンゴ、カワウソ、ワッフル、ナマケモノ、ホワイトハート、手をつないでいる人々、アイスキューブ、シュノーケル、オランウータン、ジュースボックス、ファラフェルなどがあります

  • アクセシビリティ
  • より包括的なアクセシビリティメニューが改善された補聴器サポートなどを備えた設定アプリのメインページに表示されるようになります

  • iPad Proでマウスのサポート
  • 噂によると、Appleは、アダプタを使わなくても、アクセシビリティ機能としてiPad ProにUSBマウスサポートを追加することを計画しているといわれています


    iPad ProのUSB-Cポートでは、タッチスクリーンを使用できない人のための代替入力方法としてUSBマウスを差し込むことができると伝えられています
    この機能がいつ実装されるのかは明確ではありませんが、iOS 13の早い時期に登場する可能性があります

  • 開発者向けの追加
  • 開発者にとって、iOS 13はメディアの再生、検索、音声通話、イベントの発券、メッセージの添付、フライトなどのためのSiri統合の改善をもたらすでしょう


    開発者向けのその他の機能には、拡張現実感のための新しいSwift専用フレームワークと、開発者が拡張現実感を視覚的に作成できるようにするコンパニオンアプリによるARKitの改善が含まれます
    ARKitはゲームコントローラとステレオARヘッドセットもサポートします


    Taptic Engineの拡張された使用のための新しいフレームワークが含まれるでしょう、サードパーティのアプリのための文書スキャンサポートとPhotosアプリを使わなくても外部装置から写真をキャプチャする能力が文書化されるでしょう


    NFCは改善され、開発者は彼らのアプリに拡張されたNFCフォーマットのサポートを追加することができるでしょう、そして追加されているCoreMLの更新版があります

  • 互換性
  • iOS 13がiPhone 5s、iPhone 6、iPhone 6 Plus、iPhone SE、オリジナルのiPad Air、iPad mini 2のような古いデバイスのサポートをやめることを示唆する疑わしい噂がいくつかありましたが、この情報が正しいかどうかは不明です


    iPhone SEは、iPhone 6sや第5世代iPadと同じA9チップを使っています、これらは、iOS 13をサポートしていないと噂されているデバイスのリストには含まれていません

(Via MacRumors.)


これらの噂されている機能のどれだけが実現されるでしょう?

iOS 13は、来月の6月3日から6月7日に開催されるWWDCで発表されます










スポンサーリンク


LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)